スキャンツール利用ボットの攻撃が拡大、Struts2も依然標的に(サイバーセキュリティクラウド) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.20(水)

スキャンツール利用ボットの攻撃が拡大、Struts2も依然標的に(サイバーセキュリティクラウド)

サイバーセキュリティクラウドは、2018年のサイバー攻撃の実情についてまとめた「2018年度 サイバー攻撃白書~3QVer.~」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
2018年3Q(7月~9月)での攻撃状況
2018年3Q(7月~9月)での攻撃状況 全 6 枚 拡大写真
株式会社サイバーセキュリティクラウドは11月14日、2018年のサイバー攻撃の実情についてまとめた「2018年度 サイバー攻撃白書~3QVer.~」を発表した。同白書は、クラウド型WAFの「攻撃遮断くん」で観測した攻撃ログを集約し、分析・算出した調査レポート。7月1日から9月30日までの状況について分析している。

攻撃状況では、脆弱性スキャンツールを利用したボットによる攻撃「Blacklisted user agent」が全体の約60%を占めた。3カ月で13,098,070件が検知されている。日別では平均100,000~150,000件、最高で374,300件を検知している。また、無作為に既知の脆弱性を試行する「Webアタック」や、攻撃可能なWebページを探す「Webスキャン」も昨年に引き続き多い状況となっている。なお、9月には同期間における最高攻撃数は8,668,717件を記録した。

8月22日には、Apache Struts2の脆弱性(CVE-2018-11776)が発表され、8月24日以降検知数が大幅に高まったが、一定期間経過した後も攻撃が検知されている。同期間に検知した全攻撃の攻撃元IPアドレスでは、ドイツが30%でもっとも多く、米国(19%)、日本(16%)と続いた。対象を「Blacklisted user agent」のみに絞ると、ドイツが51%と突出して多かった。また、「Apache Struts2の脆弱性(CVE-2018-11776)」では、中国からの攻撃が35%でもっとも多かった。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

    予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

  2. 不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

    不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

  3. x86 アーキテクチャの不可解な「仕様」

    x86 アーキテクチャの不可解な「仕様」

  4. 2018年後半の大規模障害にソフトバンクと東京証券取引所(IPA)

    2018年後半の大規模障害にソフトバンクと東京証券取引所(IPA)

  5. 「宅ふぁいる便」への不正アクセスの詳細調査結果を報告、サービスは当面休止へ(オージス総研)

    「宅ふぁいる便」への不正アクセスの詳細調査結果を報告、サービスは当面休止へ(オージス総研)

  6. 「鬼灯の冷徹」などを「BitTorrent」で販売し、逮捕(ACCS)

    「鬼灯の冷徹」などを「BitTorrent」で販売し、逮捕(ACCS)

  7. 疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問

    疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問PR

  8. Intelが複数製品のアップデートを公開、対応を呼びかけ(JVN)

    Intelが複数製品のアップデートを公開、対応を呼びかけ(JVN)

  9. 組織横断のPSIRTを構築、専用サイトを立ち上げ脆弱性情報も受付(三菱電機)

    組織横断のPSIRTを構築、専用サイトを立ち上げ脆弱性情報も受付(三菱電機)

  10. 中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

    中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

ランキングをもっと見る