Nginxの脆弱性を悪用する攻撃準備中か、ダークウェブの観察で判明(Antuit) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.01.18(金)

Nginxの脆弱性を悪用する攻撃準備中か、ダークウェブの観察で判明(Antuit)

Antuitは、同社のサイバーセキュリティ対策事業「CYFIRMA(サイファーマ)」より、Nginxの脆弱性(CVE-2018-16843、CVE-2018-16844、CVE-2018-16845)を悪用した攻撃に関する注意喚起レポートを発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
標的とされる可能性がある国: 米国、英国、日本、東南アジア諸国など
標的とされる可能性がある国: 米国、英国、日本、東南アジア諸国など 全 1 枚 拡大写真
Antuit株式会社は11月15日、同社のサイバーセキュリティ対策事業「CYFIRMA(サイファーマ)」より、Nginxの脆弱性(CVE-2018-16843、CVE-2018-16844、CVE-2018-16845)を悪用した攻撃に関する注意喚起レポートを発表した。これは、CYFIRMA脅威インテリジェンスチーム(CTI)が11月8日からダークウェブフォーラム上において同脆弱性の悪用に関する会話を傍受したことによるもの。

Nginxは、Webサービス、リバースプロキシ、キャッシュ、ロードバランシング、メディアストリーミングなどに使用されるオープンソースのツール。パフォーマンスと安定性を目的とするWebサーバとして開発されており、メール(IMAP、POP3およびSMTP)のプロキシサーバとしての機能、HTTP、TCPおよびUDPサーバ用のリバースプロキシおよびロードバランサとしての機能も搭載する。

上記の3つの脆弱性は、すでに修正パッチが提供されているが、パッチが非適用の場合にはDoS攻撃や情報搾取などを実行される可能性がある。CTIによると、ダークウェブやハッカーフォーラムにおいて、Nginxの脆弱性に関する会話が急激に増加していることを観察しており、11月8日から「NGUME」と「LongNeck」の2つのキャンペーンを実施しているとみている。

キャンペーンの実施目的は、脆弱性の影響を受けやすいNginx Webサーバ・リバースプロキシを特定するためのグローバルな偵察であり、米国、英国、日本、東南アジア諸国などが標的となる可能性がある。犯罪者はNginxの脆弱性を悪用する「Face-NGINX」というエクスプロイトを設計しており、これはWebサイトの速度の低下や、完全なフリーズが可能になるという。キャンペーンの動機は風評被害とサービスの中断であるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. アナログゲームで体験するサイバーセキュリティ模擬訓練 ~ インシデント対応ボードゲーム金融版ワークショップレポート

    アナログゲームで体験するサイバーセキュリティ模擬訓練 ~ インシデント対応ボードゲーム金融版ワークショップレポート

  2. セキュリティエンジニアに一番必要なのは「好き!」の気持ち、MBSD Cybersecurity Challenges 2018 レポート

    セキュリティエンジニアに一番必要なのは「好き!」の気持ち、MBSD Cybersecurity Challenges 2018 レポート

  3. 「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.3.0」を公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

    「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.3.0」を公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

  4. 2019 年新春の決意:お年玉で絶対に買ってはいけない「最新技術製品」(The Register)

    2019 年新春の決意:お年玉で絶対に買ってはいけない「最新技術製品」(The Register)

  5. 国際学会で離席した隙をつかれノートパソコンが盗難被害に(長岡技術科学大学)

    国際学会で離席した隙をつかれノートパソコンが盗難被害に(長岡技術科学大学)

  6. ここが変だよ日本のセキュリティ 第36回 「2018セキュリティ流行語大賞」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第36回 「2018セキュリティ流行語大賞」

  7. 国税庁での契約・法令違反の再委託を受けて調査を実施、埼玉県内の6市でも無許諾が判明(AGS)

    国税庁での契約・法令違反の再委託を受けて調査を実施、埼玉県内の6市でも無許諾が判明(AGS)

  8. 「Windows 7」のサポート終了まで一年、注意を呼びかけ(IPA)

    「Windows 7」のサポート終了まで一年、注意を呼びかけ(IPA)

  9. フィッシングサイトで詐取されたアカウントから迷惑メールを多数配信、個人情報漏えいの可能性も(東京外国語大学)

    フィッシングサイトで詐取されたアカウントから迷惑メールを多数配信、個人情報漏えいの可能性も(東京外国語大学)

  10. スマートスピーカーや5G回線の悪用など予測--2019年のセキュリティ(ジュニパーネットワークス)

    スマートスピーカーや5G回線の悪用など予測--2019年のセキュリティ(ジュニパーネットワークス)

ランキングをもっと見る