オムロンのFA統合ツールパッケージ「CX-One」に複数の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.04.24(水)

オムロンのFA統合ツールパッケージ「CX-One」に複数の脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、オムロンが提供するFA統合ツールパッケージ「CX-One」に複数の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月5日、オムロン株式会社が提供するFA統合ツールパッケージ「CX-One」に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3による最大Base Scoreは6.6。

「CX-Programmer Version 9.66 およびそれ以前」「CX-Server Version 5.0.23 およびそれ以前」を含む「CX-One Version 4.42 およびそれ以前」には、バッファオーバーフロー(CVE-2018-18993)、解放済みメモリの使用(Use-after-free)(CVE-2018-18989)の脆弱性が存在する。これらの脆弱性が悪用されると、第三者によって、アプリケーションの権限で任意のコードを実行される可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第38回 「転生したら CSIRT だった件」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第38回 「転生したら CSIRT だった件」

  2. 脆弱性診断の 8 割を標準化する:脆弱性診断, インシデントレスポンス, 脅威インテリジェンス…セキュリティプロセス標準化を考える

    脆弱性診断の 8 割を標準化する:脆弱性診断, インシデントレスポンス, 脅威インテリジェンス…セキュリティプロセス標準化を考える

  3. 小規模企業やNPOを対象に情報セキュリティハンドブックを公開(NISC)

    小規模企業やNPOを対象に情報セキュリティハンドブックを公開(NISC)

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第37回 「CSIRT体制構築ブームに、スプラッシュマウンテンの滝の音が聞こえる」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第37回 「CSIRT体制構築ブームに、スプラッシュマウンテンの滝の音が聞こえる」

  5. 6,123人の個人情報が記録された選挙人名簿照合用USBメモリを紛失(相模原市)

    6,123人の個人情報が記録された選挙人名簿照合用USBメモリを紛失(相模原市)

  6. サプライチェーンの責任範囲、「専門知識・スキル不足」で明確にできず(IPA)

    サプライチェーンの責任範囲、「専門知識・スキル不足」で明確にできず(IPA)

  7. OracleがJavaをアップデート、商用ユーザ向けJava SE 8は提供終了(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、商用ユーザ向けJava SE 8は提供終了(IPA、JPCERT/CC)

  8. Verizon製ルータの脆弱性発見(Tenable Network Security Japan)

    Verizon製ルータの脆弱性発見(Tenable Network Security Japan)

  9. 伝説的ハッカーグループ出身者が大統領候補に(The Register)

    伝説的ハッカーグループ出身者が大統領候補に(The Register)

  10. 新時代の産業に向けたセキュリティ対策フレームワークを策定(経済産業省)

    新時代の産業に向けたセキュリティ対策フレームワークを策定(経済産業省)

ランキングをもっと見る