県営住宅関係書類を取り違え誤送付、個人情報が流出(鳥取県) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.18(火)

県営住宅関係書類を取り違え誤送付、個人情報が流出(鳥取県)

鳥取県は2月5日、同県が県営住宅管理代行を委託する鳥取県住宅供給公社にて、県営住宅関係書類を誤送付し個人情報の流出が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
鳥取県は2月5日、同県が県営住宅管理代行を委託する鳥取県住宅供給公社にて、県営住宅関係書類を誤送付し個人情報の流出が判明したと発表した。

これは1月31日に、鳥取県住宅供給公社中部事務所から県営住宅入居者に対して平成31年度分家賃通知書及び収入超過者認定通知書等を送付時に、入居者A氏の家賃通知書に入居者B氏の収入超過者認定通知書を誤って同封し送付したというもの。

2月1日午後5時30分頃に、中部総合事務所生活環境局に入居者A氏から連絡があり誤送付による個人情報の流出が判明した。

流出したのは、入居者1名分の氏名、世帯年間総所得額、同居者の氏名と所得額、所得控除額、現行家賃額、収入超過者に対する家賃額。

同公社では、家賃通知書及び収入超過者認定通知書の送付の際は窓空き封筒を使用しており、通知文書にはそれぞれ宛名が記載されていたが、封入時に2通の宛名の確認が不十分で他の職員によるダブルチェックを怠っていた。

同公社では2月1日に、職員が入居者宅に出向き謝罪した上で誤送付した収入超過者認定通知書を受け取り、2月4日に、職員がB氏宅に出向き、A氏から回収した収入超過者認定通知書を手渡した上で経緯を説明し謝罪を行い、またA氏宅にも改めて出向き謝罪を行った。

同公社では再発防止のために、窓空き封筒の使用を徹底し、複数の書類を封入する際には送付前に複数名で封入物の宛名のダブルチェックを徹底する。

また同県では、別様式となっている家賃通知書と収入超過者認定通知書を入居者にわかりやすくなるよう同一の様式に改め誤送付を防止する。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  2. フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

    フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

  3. 「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

    「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

  4. Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

    Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

  5. 決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

    決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

  6. PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  7. 「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)

    「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)PR

  8. 約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

    約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

  9. セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

  10. Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

    Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

ランキングをもっと見る