「宅ふぁいる便」への不正アクセスの詳細調査結果を報告、サービスは当面休止へ(オージス総研) | ScanNetSecurity
2020.07.14(火)

「宅ふぁいる便」への不正アクセスの詳細調査結果を報告、サービスは当面休止へ(オージス総研)

株式会社オージス総研は3月14日、1月25日に報告した「宅ふぁいる便」サービスへの不正アクセスによる顧客情報の外部流出について詳細調査の結果を公表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 5 枚 拡大写真
株式会社オージス総研は3月14日、1月25日に報告した「宅ふぁいる便」サービスへの不正アクセスによる顧客情報の外部流出について詳細調査の結果を公表した。

これは一部サーバーの脆弱性を突き「宅ふぁいる便」サービスへ不正アクセスが行われ顧客情報が流出した件ついて、1月23日から開始した外部セキュリティ専門事業者協力による調査の結果について報告したもの。

調査結果によると漏えいしたのは、ログイン用メールアドレスが無効な1,348,361件を含むビジネスプラス会員(有料会員)22,569件、プレミアム会員(無料会員)4,750,329件と退会者42,501件の481万5,399件、漏えい内容は、氏名(ふりがな)、ログイン用メールアドレス、暗号化されていないログインパスワード、生年月日、性別、職業・業種・職種、居住地の都道府県名、メールアドレス2、メールアドレス3に加えて2005年から2012年の期間でのみ必須入力情報でない、居住地の郵便番号、勤務先の都道府県名、勤務先の郵便番号、配偶者、子供で、これまでにご報告した漏洩情報以外の流出はなかった。

また、同社が預かったファイルについても漏えいがなかったことを確認した。

「宅ふぁいる便」サービスの今後について、最新技術の採用や利便性向上等のためのシステム再構築が必要なため当面休止とし、方針決定後に同社ホームページ等で告知を行うとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

    情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

  2. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  3. 「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

    「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

  4. 石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

    石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

  5. 最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

    最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

  6. 複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

    複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

  7. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  8. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  9. ハンコや対面など日本のビジネス習慣の精神論を抜本的見直し、共同宣言発表(経団連、新経済連盟ほか)

    ハンコや対面など日本のビジネス習慣の精神論を抜本的見直し、共同宣言発表(経団連、新経済連盟ほか)

  10. 顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ)

    顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ)

ランキングをもっと見る