「なりすまし」による不正アクセスで顧客情報が閲覧された可能性(ディノス・セシール) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.21(水)

「なりすまし」による不正アクセスで顧客情報が閲覧された可能性(ディノス・セシール)

株式会社ディノス・セシールは3月28日、同社が運営する「セシールオンラインショップ」にて「なりすまし」による不正アクセスが発生し第三者に顧客情報が閲覧された可能性があることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
公式サイト
公式サイト 全 2 枚 拡大写真
株式会社ディノス・セシールは3月28日、同社が運営する「セシールオンラインショップ」にて「なりすまし」による不正アクセスが発生し第三者に顧客情報が閲覧された可能性があることが判明したと発表した。

これは3月17日に、中国及び国内の同一IPアドレスより外部で不正に取得したと推測されるID(メールアドレス)とパスワードを使用して2,929回にわたる「なりすまし」による不正アクセスが行われ、そのうち6件が不正ログインされ6名分の氏名、会員ランク、保有ポイント数の顧客情報が第三者に閲覧された可能性が判明したというもの。

なお不正ログインされた6件の顧客情報が、ファイルとして出力、転送及びダウンロードされ外部に流出していないことは確認済みで、同社では本件判明後に不正ログインされたIDに対しログインできないように対応し、不正アクセスが行われた特定IPアドレスからのアクセスをブロックした。

同社では、不正ログインされた顧客及びログイン失敗IDに含まれていた顧客に本件状況を連絡、また同社が運営するオンラインショップにてIDとパスワード管理徹底の注意喚起を継続して掲出している。

同サイトでは1月30日にも、なりすましによる不正アクセスが発生しており、同社では今後、さらなるセキュリティレベルの向上策を検討し、オンラインショップの信頼性向上に引き続き努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

  2. シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

    シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

  3. 3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

    3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

  4. メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

    メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

  5. Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

    Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

  6. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  7. 顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

    顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

  8. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、10製品を更新(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、10製品を更新(IPA、JPCERT/CC)

  9. 優勝賞金100万円「Trend Micro CTF 2019」9月7日オンライン予選(トレンドマイクロ)

    優勝賞金100万円「Trend Micro CTF 2019」9月7日オンライン予選(トレンドマイクロ)

  10. HTTP/2実装に、DoS攻撃を受ける複数の問題(JVN)

    HTTP/2実装に、DoS攻撃を受ける複数の問題(JVN)

ランキングをもっと見る