インシデント報告件数、「スキャン」が増加し4割超えに(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2020.01.23(木)

インシデント報告件数、「スキャン」が増加し4割超えに(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、2019年1月1日から3月31日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
インシデント報告関連件数
インシデント報告関連件数 全 4 枚 拡大写真
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月11日、2019年1月1日から3月31日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。インシデント報告対応レポートによると、同四半期にJPCERT/CCに寄せられたインシデント報告件数は4,433件で、前四半期(4,242件)から5%増加した。なお、年度ごとの合計は16,398件となり、2017年度の18,141件から10%減少している。

同四半期のインシデントの内訳は「スキャン」が43.5%、「フィッシングサイト」が35.5%となった。特にスキャンの増加率が大きくなっている。フィッシングサイトについては、報告件数は1,753件で、前四半期の1,560件から12%増加した。前年度同期(924件)からは65%の増加となっている。内訳では、国内のブランドを装ったフィッシングサイトの件数が258件となり、前四半期の282件から9%減少。国外のブランドを装ったフィッシングサイトの件数は1,198件となり、前四半期の985件から22%増加している。

活動概要では、「『2018年度中南米CSIRT動向調査』を公開」「Japan Security Analyst Conference 2019を開催」「『制御システムセキュリティカンファレンス2019』を開催」の3つをトピックに挙げている。中南米CSIRT動向調査では、これまでインシデント事案に伴う情報共有はあったものの、各国のCSIRTやサイバーセキュリティに関わる体制などについては距離的にも遠く、日本語で体系的にまとめられた文書も少なかった。。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  2. 「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

    「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

  3. OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

  4. 複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

    複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

  5. 「ペットハグサイト」不正アクセスでカード情報流出、決済停止後も偽の決済フォームへ誘導(ペットハグ)

    「ペットハグサイト」不正アクセスでカード情報流出、決済停止後も偽の決済フォームへ誘導(ペットハグ)

  6. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、早急に適用を(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、早急に適用を(IPA、JPCERT/CC)

  7. セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

    セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

  8. 不正アクセスで会員情報流出の「宅ふぁいる便」、3月末でサービス終了へ(オージス総研)

    不正アクセスで会員情報流出の「宅ふぁいる便」、3月末でサービス終了へ(オージス総研)

  9. 企業のメールセキュリティは改善傾向、特に送信元ドメイン認証で顕著(デージーネット)

    企業のメールセキュリティは改善傾向、特に送信元ドメイン認証で顕著(デージーネット)

  10. 委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

    委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

ランキングをもっと見る