1筐体で500Gbps対応、キャリア向けDDoS対策アプライアンス(A10) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.23(月)

1筐体で500Gbps対応、キャリア向けDDoS対策アプライアンス(A10)

A10は、DDoS対策専用アプライアンスのハイエンドモデル「A10 Thunder 14045 TPS」の攻撃防御性能を、機器単体で500Gpsに拡張すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
A10 Thunder 14045 TPSアプライアンス
A10 Thunder 14045 TPSアプライアンス 全 1 枚 拡大写真
A10ネットワークス株式会社(A10)は6月4日、DDoS対策専用アプライアンスのハイエンドモデル「A10 Thunder 14045 TPS」の攻撃防御性能を、機器単体で500Gpsに拡張すると発表した。同製品は、通信事業者やクラウド事業者、オンラインゲーム事業者などのサービス事業者を対象としたもので、M2M通信プロコトル「CoAP」ベースのIoTデバイスを利用したDDoS攻撃など、ボリューム、回数ともに増大するDDoS攻撃に対応する。

レイヤ3からレイヤ7のDDoS防御、拡張性、機械学習を利用したコネクテッドインテリジェンスシステムを構成し、攻撃対象となったネットワークの全範囲におけるマルチベクトルのDDoS防御を提供する。自動防御を可能にするほか、機器単体での攻撃防御性能を最大500Gpsに拡張、DDoS攻撃の検知と緩和だけでなく、コスト削減やインフラストラクチャの簡素化、信頼性の向上を実現するとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

    メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

  2. Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  3. 日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  4. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  5. 受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

    受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

  6. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  7. 個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

    個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

  8. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  9. 10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

    10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

  10. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る