行政文書54件の紛失・誤廃棄を確認(公正取引委員会) | ScanNetSecurity
2021.01.19(火)

行政文書54件の紛失・誤廃棄を確認(公正取引委員会)

公正取引委員会は8月8日、行政文書の紛失・誤廃棄が確認されたと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
公正取引委員会は8月8日、行政文書の紛失・誤廃棄が確認されたと発表した。

これは同委員会にて、行政文書の管理状況に関する定期点検と監査を実施する過程で一部の行政文書ファイルの紛失・誤廃棄が判明したというもの。同委員会職員の行政文書管理への認識が不十分で、保存期間中の行政文書ファイルではないと誤認し廃棄したことが原因と推測されるとのこと。

紛失・誤廃棄が確認された行政文書ファイルは、地方事務所等の文書発送や決裁の日付等を管理する帳簿や訓令・通達関係資料など本局と地方事務所等で計54件あり、外部に持ち出す文書ではないため誤廃棄した可能性が高いが、廃棄した事実が確認できず紛失としたものも複数ある。なお、紛失・誤廃棄があった行政文書ファイルが外部に流出は現時点で確認されておらず、復元
可能な行政文書ファイルは既に復元済み。

同委員会では今後、部局長等の幹部職員を含む全職員への指導と注意喚起、全ての文書管理者・文書管理担当者向けの研修の実施、定期点検・監査の徹底を行い再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  3. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  4. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  5. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  6. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

  7. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  8. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  9. 東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

    東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

  10. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

ランキングをもっと見る