長期休暇前後のセキュリティ対策、テレワーク環境の安全確認を呼びかけ(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2020.01.25(土)

長期休暇前後のセキュリティ対策、テレワーク環境の安全確認を呼びかけ(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「長期休暇に備えて 2019/12」として、冬の長期休暇期間におけるコンピュータセキュリティインシデント発生の予防および緊急時の対応に関して、要点をまとめ発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
「リモートデスクトップサービスを狙った攻撃」のイメージ
「リモートデスクトップサービスを狙った攻撃」のイメージ 全 1 枚 拡大写真
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月5日、「長期休暇に備えて 2019/12」として、冬の長期休暇期間におけるコンピュータセキュリティインシデント発生の予防および緊急時の対応に関して、要点をまとめ発表した。

年末年始の休暇期間中はインシデント発生に気づきにくく、発見が遅れる可能性がある。このため休暇期間中にインシデントが発覚した場合に備えて、対応体制や関係者への連絡方法などを事前に調整し、休暇明けには、不審なアクセスや侵入の痕跡がないか、ネットワーク機器のログを確認することを勧めている。また、インシデントの発生を未然に防ぐためにも、休暇期間に入る前に自組織で管理するネットワーク機器のセキュリティ対策が十分か、今一度確認するよう呼びかけている。

JPCERT/CCではポイントとして、「リモートからアクセス可能なサービスへの注意」と「DDoS 攻撃への注意」を挙げている。インターネットを介したテレワーキングやシステムの遠隔保守、IT資産管理等は利便性が高い一方で、インシデントの発生原因になりやすい。リモートデスクトップサービスおよび複数のSSL VPN製品の脆弱性を紹介し、対策としてソフトウェアやハードウェアを最新の状態に保つことや、IPアドレスやポートの制限、リモートアクセス可能施サービスの把握などを挙げている。

また、休暇前と休暇明けの対応について、システム管理者向けと社員・職員向けにポイントを紹介している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社内パソコンが「Emotet」に感染、取引先からの連絡で判明(岐阜新聞社)

    社内パソコンが「Emotet」に感染、取引先からの連絡で判明(岐阜新聞社)

  2. 「県税督促状」印刷ミス分を社外に持ち出し大阪駅のゴミ箱に廃棄(さくらケーシーエス)

    「県税督促状」印刷ミス分を社外に持ち出し大阪駅のゴミ箱に廃棄(さくらケーシーエス)

  3. マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント)

    マルウェアは「Emotet」が3カ月連続でトップに--月例レポート(チェック・ポイント)

  4. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  5. 「IE」のJScriptスクリプトエンジンに未対策の脆弱性、悪用も確認(JVN)

    「IE」のJScriptスクリプトエンジンに未対策の脆弱性、悪用も確認(JVN)

  6. 不正アクセスによる情報流出、送信ファイルを特定するためのログを攻撃者が消去(三菱電機)

    不正アクセスによる情報流出、送信ファイルを特定するためのログを攻撃者が消去(三菱電機)

  7. 富士ゼロックスの複数のスマホアプリに盗聴などが行われる脆弱性(JVN)

    富士ゼロックスの複数のスマホアプリに盗聴などが行われる脆弱性(JVN)

  8. 脆弱性診断の「T型フォード」、技術標準化は学生のセキュリティ業界就職の可能性広げるか

    脆弱性診断の「T型フォード」、技術標準化は学生のセキュリティ業界就職の可能性広げるかPR

  9. インシデント報告、フィッシングサイトの割合が7割近くまで増加(JPCERT/CC)

    インシデント報告、フィッシングサイトの割合が7割近くまで増加(JPCERT/CC)

  10. iOS、Androidに過剰な利用料金課すフリースウェア、ルールの紙一重を突く(ソフォス)

    iOS、Androidに過剰な利用料金課すフリースウェア、ルールの紙一重を突く(ソフォス)

ランキングをもっと見る