従業員がハードディスク等3,904個をオークションで売却、懲戒解雇に(ブロードリンク) | ScanNetSecurity
2020.04.05(日)

従業員がハードディスク等3,904個をオークションで売却、懲戒解雇に(ブロードリンク)

株式会社ブロードリンクは12月9日、同社が12月6日に公表した同社の従業員による不正行為によって同社の管理下にあるハードディスクとデータの外部流出が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 5 枚 拡大写真
株式会社ブロードリンクは12月9日、同社が12月6日に公表した同社の従業員による不正行為によって同社の管理下にあるハードディスクとデータの外部流出が判明したと発表した。

これは同社が保管していたハードディスクなどの記憶媒体やケーブル、イヤホンなどの電子機器が外部に持ち出され、オークションサイトにて転売されていた事実が、11月27日に外部からの情報提供により発覚したというもので、社内調査により容疑者と推測される従業員を12月3日に特定し問い質したところ転売の事実を認めた。

同社によると、当該社員が入社した2016年2月以降にネットーオークションに出品され落札された総個数は7,844個で、うち記憶領域のある商品が3,904個あるという。同社では、当該社員が入社以降に同社で取り扱ったアイテムから記憶領域があり条件に該当する商品を現在228,832個まで絞り込んでおり、当該社員がネットオークションに出品した商品の画像からシリアルNoなどを取得し突き合わせ作業を実施し、仕入先の割り出しを行う。

同社では12月4日から5日にかけて、当該従業員の証言に基づき社内調査を継続したところ証言の裏付けが取れたため、12月6日付けで就業規則の懲戒規定に則り、当該従業員を懲戒解雇すると同時に大森警察に通報し被害届を提出した。

同社では既に、全てのハードディスクの物理破壊前と後の写真撮影を実施済みで、今後は操業時の入退出では有人による監視体制と荷物検査と金属探知機での身体チェックと手荷物検査を実施、セキュリティカメラの増設等を行い再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局)

    全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局)

  2. オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

    オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

  3. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  4. 最強のバイリンガルエンジニア集団が開く、グローバルセキュリティエキスパートの東南アジア進出

    最強のバイリンガルエンジニア集団が開く、グローバルセキュリティエキスパートの東南アジア進出PR

  5. 成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

    成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

  6. セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

    セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

  7. iPS 細胞研究所の非常勤職員を懲戒解雇、機密書類スキャンや教授宛メール盗み見(京都大学)

    iPS 細胞研究所の非常勤職員を懲戒解雇、機密書類スキャンや教授宛メール盗み見(京都大学)

  8. メール誤送信による情報漏えい、事故原因の分析と対策の手がかり

    メール誤送信による情報漏えい、事故原因の分析と対策の手がかり

  9. 成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

    成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

  10. セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

    セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

ランキングをもっと見る