金融機関を騙るフィッシングサイト、約30種類を確認(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2020.07.07(火)

金融機関を騙るフィッシングサイト、約30種類を確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、多くの金融機関を騙るフィッシングの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フィッシングサイトの稼働が確認されている金融機関
フィッシングサイトの稼働が確認されている金融機関 全 2 枚 拡大写真
フィッシング対策協議会は12月26日、多くの金融機関を騙るフィッシングの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。約30種類の金融機関を騙るフィッシングサイトが確認されている。フィッシングサイトへ誘導するためのフィッシングメールやSMSは報告されていないものの、今後は発信される可能性もあるとして、注意を呼びかけている。

確認されているフィッシングサイトのURLは以下の通り。

・サイトのURL
https://docomv.●●●●/
https://rakueny.●●●●/
https://amnazn.●●●●/
https://docoimo.●●●●/
https://yahonz.●●●●/

上記以外のドメイン名、URLが使われる可能性もある。

12月26日11時10分現在、フィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼している。また、類似のフィッシングサイトが公開される恐れもあるとして、注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてアカウント情報(ID 、パスワード)などを絶対に入力しないよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  2. 金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

    金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

  3. LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

    LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

  4. 「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

    「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

  5. サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

    サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

  6. 新型コロナ関連攻撃の約8割がフィッシング--四半期動向(NTTデータ)

    新型コロナ関連攻撃の約8割がフィッシング--四半期動向(NTTデータ)

  7. GitHubのコードレビューを自動化、工数を大幅削減する「Sider」提供開始(マクニカネットワークス)

    GitHubのコードレビューを自動化、工数を大幅削減する「Sider」提供開始(マクニカネットワークス)

  8. 95日、検知までの期間が昨年から10日延びる ~ インシデントレスポンスから得られた CrowdStrike の知見

    95日、検知までの期間が昨年から10日延びる ~ インシデントレスポンスから得られた CrowdStrike の知見

  9. サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN)

    サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN)

  10. コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

    コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

ランキングをもっと見る