金融機関を騙るフィッシングサイト、約30種類を確認(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2021.07.31(土)

金融機関を騙るフィッシングサイト、約30種類を確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、多くの金融機関を騙るフィッシングの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フィッシングサイトの稼働が確認されている金融機関
フィッシングサイトの稼働が確認されている金融機関 全 2 枚 拡大写真
フィッシング対策協議会は12月26日、多くの金融機関を騙るフィッシングの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。約30種類の金融機関を騙るフィッシングサイトが確認されている。フィッシングサイトへ誘導するためのフィッシングメールやSMSは報告されていないものの、今後は発信される可能性もあるとして、注意を呼びかけている。

確認されているフィッシングサイトのURLは以下の通り。

・サイトのURL
https://docomv.●●●●/
https://rakueny.●●●●/
https://amnazn.●●●●/
https://docoimo.●●●●/
https://yahonz.●●●●/

上記以外のドメイン名、URLが使われる可能性もある。

12月26日11時10分現在、フィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼している。また、類似のフィッシングサイトが公開される恐れもあるとして、注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてアカウント情報(ID 、パスワード)などを絶対に入力しないよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

    チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

  2. ランサムウェア対策ポータルサイト開設

    ランサムウェア対策ポータルサイト開設

  3. 時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

    時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

  4. プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

    プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

  5. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  6. NISC、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃に警戒

    NISC、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に乗じたサイバー攻撃に警戒

  7. ライブサービス「LINE Face2Face」に不正アクセス、オンライン握手会動画が動画共有サイトへアップロード

    ライブサービス「LINE Face2Face」に不正アクセス、オンライン握手会動画が動画共有サイトへアップロード

  8. コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

    コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

  9. KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

    KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

  10. IPA脆弱性届出、製品別は「Webアプリ」が最多に -- 四半期レポート

    IPA脆弱性届出、製品別は「Webアプリ」が最多に -- 四半期レポート

ランキングをもっと見る