教員のメールアカウントに不正アクセス、大量の迷惑メール送信の踏み台に(長岡技術科学大学) | ScanNetSecurity
2020.07.05(日)

教員のメールアカウントに不正アクセス、大量の迷惑メール送信の踏み台に(長岡技術科学大学)

国立大学法人長岡技術科学大学は2月7日、同学教員のメールアカウントに不正アクセスがあり、当該アカウントから大量の迷惑メールが送信されたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 5 枚 拡大写真
国立大学法人長岡技術科学大学は2月7日、同学教員のメールアカウントに不正アクセスがあり、当該アカウントから大量の迷惑メールが送信されたことが判明したと発表した。

これは2019年10月17日午後9時8分頃に、同学の教員からメールサーバ管理者に当該教員のメールアカウントから迷惑メールが大量送信されているとの報告があり、管理者が当該教員のメールアカウントのパスワード変更等の対応を実施したというもの。不正ログイン時にメールボックスに保存されていた10月2日から10月17日のメールについて、攻撃者に閲覧された可能性がある。

攻撃者は当該アカウントから迷惑メール66,482件の送信を行った。

攻撃者が当該アカウントのメールを閲覧できたのは2019年10月17日午後7時25分から10月18日午後11時44分の期間で、閲覧された可能性があるのは10月2日から10月17日にメールボックスに保存されていたメール、学内関係者延べ675件(うち教職員554件、学生121件)と学外関係者延べ464件。そのうち学内教職員の氏名や所属、個人電話番号、メールアドレスが含まれるものが延べ3件、学内学生の氏名や学年、所属、学籍番号、メールアドレス(一部、家族の氏名・住所・電話番号の情報含む)が含まれるものが延べ30件、学外者の氏名や所属、住所、電話番号、メールアドレス(一部、履歴書の情報含む)が含まれるものが延べ18件。

同学では情報が流出した可能性のある対象者に、謝罪と状況説明を個別に行っている。

同学では、当該メールアカウントのパスワード変更後に不正ログインが行われていないことを確認済み。

同学では今後、個人情報を含む機密性の高い情報について、暗号化やパスワード設定等の対策を必ず行い、情報管理の徹底を図り再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

    コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

  2. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  3. 金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

    金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

  4. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  5. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  6. TwitterでNintendo Switchの購入希望者を狙った詐欺が横行

    TwitterでNintendo Switchの購入希望者を狙った詐欺が横行

  7. 「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

    「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

  8. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  9. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  10. GitHubのコードレビューを自動化、工数を大幅削減する「Sider」提供開始(マクニカネットワークス)

    GitHubのコードレビューを自動化、工数を大幅削減する「Sider」提供開始(マクニカネットワークス)

ランキングをもっと見る