楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2022.10.04(火)

楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、楽天を騙るフィッシングの報告を受けているとして注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
確認されたフィッシングメール(文面1)
確認されたフィッシングメール(文面1) 全 4 枚 拡大写真
フィッシング対策協議会は2月28日、楽天を騙るフィッシングの報告を受けているとして注意喚起を発表した。確認されているフィッシングメールの件名は次の通り。

【楽天市場】お支払い方法を更新してください(自動配信メール)[時刻]
【重要】楽天株式会社アカウントの 情報を確認する必要があります [日時]
[楽天]ログインしましたか?([日時])

メールの本文は、不正ログインの発生やアカウントを更新できなかったとして、アカウント情報を更新するためにリンクをクリックさせようとする。確認されたフィッシングサイトのURLは以下の通り。

http://rakuten-card.co.jp.●●●●.ddnsfree.com/signin.php?●●●●
http://●●●●.ddnsfree.com/
http://grp01.id.rakuten.co.jp.●●●●.info/
http://●●●●.world/
http://ruanzjp.●●●●.cn/
http://www.●●●●.shop/
http://attention-account-recovery-supprt-●●●●.info/

なお、上記以外のメールの件名や、サイトのURLが使われている可能性もある。。

同協議会によると、2月28日14時の時点でフィッシングサイトが稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中としている。また、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるため、引き続き注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてユーザ ID、パスワード、メールアドレス、郵便番号、住所、生年月日、電話番号、カード番号、カード有効期限、セキュリティコード、カード名義人、本人認証のログイン ID およびパスワードなどを絶対に入力しないよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 三菱電機製家電製品に複数の脆弱性

    三菱電機製家電製品に複数の脆弱性

  2. オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

    オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

  3. Microsoft Exchange サーバにゼロデイ脆弱性、悪用した攻撃も確認

    Microsoft Exchange サーバにゼロデイ脆弱性、悪用した攻撃も確認

  4. 「ワクワクするかけ算」~KCCSセキュリティ技術者集団と統合した新生エムオーテックスが描く未来

    「ワクワクするかけ算」~KCCSセキュリティ技術者集団と統合した新生エムオーテックスが描く未来PR

  5. Apache Tomcat での Http11Processorインスタンスにおける競合状態による情報漏えいの脆弱性

    Apache Tomcat での Http11Processorインスタンスにおける競合状態による情報漏えいの脆弱性

  6. みんな電力運営のUPDATERのファイルサーバがランサムウェア感染、情報流出の可能性を否定できず

    みんな電力運営のUPDATERのファイルサーバがランサムウェア感染、情報流出の可能性を否定できず

  7. 次年度セキュリティ戦略立案中の方必聴、リスク環境の変化と手堅い対策の実装とは

    次年度セキュリティ戦略立案中の方必聴、リスク環境の変化と手堅い対策の実装とはPR

  8. IPA「ビジネスメール詐欺(BEC)対策特設ページ」を公開

    IPA「ビジネスメール詐欺(BEC)対策特設ページ」を公開

  9. JPCERT/CCによる「積極的サイバー防御(Active Cyber Defense)」論点整理

    JPCERT/CCによる「積極的サイバー防御(Active Cyber Defense)」論点整理

  10. こんなにシンプルな「脱PPAP」の方法、国産メールセキュリティ企業クオリティアの提案

    こんなにシンプルな「脱PPAP」の方法、国産メールセキュリティ企業クオリティアの提案PR

ランキングをもっと見る