新型コロナウイルス感染症による入学式中止メールを誤送信、805名のアドレスが流出(創価大学) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

新型コロナウイルス感染症による入学式中止メールを誤送信、805名のアドレスが流出(創価大学)

学校法人創価大学は3月16日、新型コロナウイルス感染症による入学式中止について連絡した際に、誤送信による個人情報の流出が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
学校法人創価大学は3月16日、新型コロナウイルス感染症による入学式中止について連絡した際に、誤送信による個人情報の流出が発生したと発表した。

これは3月6日午後2時から4時にかけて、同学の通信教育部事務室から2020年度の入学募集で1期・2期の出願者に対し、新型コロナウイルス感染症による同学の入学式中止についてメール連絡した際に、誤って「To」欄にメールアドレスを入力したため同報者のメールアドレスが表示された状態となったというもの。

流出したのは創価大学通信教育部2020年度の入学募集で1期・2期の出願者805名分のメールアドレス。

発表に記載されていた「(誤送信の)取り消しを行いましたが、その際にも同報した方のメールアドレスが表示され」たという記述に、3月10日に本誌が配信したMicrosoft Outlook の「取り消し」機能を誤解し誤送信が2度発生した事案との共通点を感じたScanNetSecurity編集部が、本件の詳細について同学 通信教育部事務室に取材を行ったところ「対応は終わっています」というコメントをただ繰り返すだけだった。

同学では今後、個人情報の取り扱いや連絡の発信について手順やルールの見直しと徹底を図り、再発防止に務めるとのこと。

《高杉 世界( Sekai Takasugi)》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  2. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  3. セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

    セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

  4. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  5. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  6. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

  7. 問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

    問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

  8. IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

    IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. 外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

    外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

ランキングをもっと見る