この組織もBCCで送っていた、「有識者懇談会」資料送付で誤送信しメールアドレス流出(内閣官房) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

この組織もBCCで送っていた、「有識者懇談会」資料送付で誤送信しメールアドレス流出(内閣官房)

内閣官房国土強靱化推進室は3月16日、メール誤送信による情報流出が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
内閣官房国土強靱化推進室は3月16日、メール誤送信による情報流出が発生したと発表した。

これは1月27日午後8時頃に、内閣官房国土強靱化推進室の担当者が「有識者懇談会」の資料を事前送付するために、懇談会委員、委員連絡担当者等に対し、送付先メールアドレスを誤って「CC」に入力し送付したために、受信者に互いのメールアドレスが見える状態となったというもの。

流出したのは懇談会委員、委員連絡担当者等36名分のメールアドレス。

同室では1月27日午後8時頃に、対象者に謝罪と当該メールの削除を依頼済み。

同室では今後、メール誤送信防止機能とその運用並びに事案発生時の速やかな報告について職員に改めて周知徹底を図るとともに、必要に応じ複数の職員によるチェックを行い再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  2. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

    セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

  5. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  6. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

  7. 問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

    問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

  8. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  9. IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

    IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

  10. コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

    コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

ランキングをもっと見る