日本への攻撃状況と脅威インテリジェンスの有効性を解説するウェビナー(CrowdStrike) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

日本への攻撃状況と脅威インテリジェンスの有効性を解説するウェビナー(CrowdStrike)

クラウドストライクは、ウェビナー「日本への攻撃:サイバー攻撃で日本を標的とする攻撃者グループ(最新情報)」を5月27日(水)に開催する。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
クラウドストライク株式会社 アジア環太平洋地域 脅威インテリジェンス ディレクター Scott Jarkoff 氏
クラウドストライク株式会社 アジア環太平洋地域 脅威インテリジェンス ディレクター Scott Jarkoff 氏 全 1 枚 拡大写真
クラウドストライク株式会社は、ウェビナー「日本への攻撃:サイバー攻撃で日本を標的とする攻撃者グループ(最新情報)」を5月27日(水)に開催する。同ウェビナーは、日本の政府、企業、および研究機関などへのサイバー攻撃に関するもの。日本はアジア太平洋地域において経済的および文化的に影響力を持つ主要な国のひとつであることから、国家主導の洗練された攻撃者グループ、eCrime(サイバー犯罪者)、そしてハクティビストの標的となっている。

ウェビナーでは、CrowdStrike社のディレクターであり脅威インテリジェンスグローバルチームでアジア太平洋地域を担当する、前・米国防省サイバーセキュリティチーフであるScott Jarkoff(スコット・ジャーカフ)氏が、日本における最新のサイバー脅威の状況を探り、日本を標的とした特定の攻撃、重要な世界的脅威の傾向を紹介し、組織が活用すべき総合的な脅威インテリジェンス戦略について議論する。

日時:2020年5月27日(水)16:00~16:30
形式:ZoomによるオンラインWebセミナー
参加費:無料
申込:入力フォームからの申し込み

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  2. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

    セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

  5. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  6. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

  7. 問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

    問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

  8. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  9. IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

    IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

  10. コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

    コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

ランキングをもっと見る