自宅での作業用に254件のアドレス記載したメールを誤送信(横浜市) | ScanNetSecurity
2020.12.04(金)

自宅での作業用に254件のアドレス記載したメールを誤送信(横浜市)

神奈川県横浜市は6月19日、都筑中央公園の自然体験施設にてメールアドレスの流出が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
神奈川県横浜市は6月19日、都筑中央公園の自然体験施設にてメールアドレスの流出が発生したと発表した。

これは6月19日午前10時51分に、都筑里山倶楽部が管理する都筑中央公園の自然体験施設にて、同倶楽部が把握する全メールアドレスをメール本文に記載し、かつ全ての宛先に送信したというもので、受信した市職員からの連絡で同日午前11時5分に同市の環境創造局北部公園緑地事務所が把握したというもの。

本来、指定管理者である都筑里山倶楽部が把握するメールアドレスの所外への持ち出しは禁止されているが、職員がデータを新しいパソコンに移行する際に、不要となったアドレスの整理を自宅で行おうと個人のメールアドレスに送信しようとしたところ誤送信した。

流出したのは254件分の氏名、組織名、メールアドレス。

同市では同日午前11時10分に、都筑里山倶楽部に対し状況確認し個人情報漏えいが判明、同日午後2時49分に同倶楽部から謝罪と削除依頼メールを送信した。

同市では今後、個人情報の適正な取り扱いやメールの適正・的確な使用方法について再確認するとともに、研修やダブルチェックによる確認等、再発防止策について指定管理者に改めて指導を行うとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 三菱電機契約のクラウドサービスに不正アクセス、取引先情報流出

    三菱電機契約のクラウドサービスに不正アクセス、取引先情報流出

  2. イエラエセキュリティ CSIRT支援室 第3回「AWS EC2 のHDD解析(フォレンジック)」

    イエラエセキュリティ CSIRT支援室 第3回「AWS EC2 のHDD解析(フォレンジック)」

  3. パナソニック「パートナーDIRECT」の情報流出、約4,000件が会員情報と一致

    パナソニック「パートナーDIRECT」の情報流出、約4,000件が会員情報と一致

  4. 岐阜県、PDFファイルと間違えファイル名が似通ったExcelファイルをアップ

    岐阜県、PDFファイルと間違えファイル名が似通ったExcelファイルをアップ

  5. ガートナーが日本のセキュリティ管理者に向けた3つのポイント

    ガートナーが日本のセキュリティ管理者に向けた3つのポイント

  6. 脅威メール件名例:「業務報告」「金曜日の会議のチェックリスト」「在庫確認表」「請求書送付のお願い」「組織図更新」

    脅威メール件名例:「業務報告」「金曜日の会議のチェックリスト」「在庫確認表」「請求書送付のお願い」「組織図更新」

  7. NISC、ランサムウェアによるサイバー攻撃に注意喚起

    NISC、ランサムウェアによるサイバー攻撃に注意喚起

  8. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  9. カプコンへのランサムウェア攻撃で最大35万件の情報流出、「Ragnar Locker」から身代金要求

    カプコンへのランサムウェア攻撃で最大35万件の情報流出、「Ragnar Locker」から身代金要求

  10. 総務省、公にしないとの条件で提供された情報を誤添付しメール送信

    総務省、公にしないとの条件で提供された情報を誤添付しメール送信

ランキングをもっと見る