ダークネット観測網へのスキャン活動、活発な状況が続く(NICT) | ScanNetSecurity
2020.08.12(水)

ダークネット観測網へのスキャン活動、活発な状況が続く(NICT)

NICTサイバーセキュリティ研究室 NICTER プロジェクトは、「NICTER観測統計 - 2020年1月~3月」と題するブログをNICTER Blogにおいて公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
総観測パケット数の統計(過去 3 年間,2020年は第1四半期分のみ)
総観測パケット数の統計(過去 3 年間,2020年は第1四半期分のみ) 全 2 枚 拡大写真
国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)サイバーセキュリティ研究室 NICTER プロジェクトは7月8日、「NICTER観測統計 - 2020年1月~3月」と題するブログをNICTER Blogにおいて公開した。これは、NICTERプロジェクトの大規模サイバー攻撃観測網(ダークネット観測網)における2020年1月1日から3月31日までの四半期の観測結果をまとめたもの。

ブログによると、2020年第1四半期の総観測パケット数は約1,184億であった。この3カ月だけで2018年年間の同パケット数(約2,121億)の半分以上、2019年年間の同パケット数(約3,279億)の1/3近くの値となっており、インターネット空間のスキャン活動は依然として活発化している。

日ごとの観測パケット数、ユニークホスト数の推移では、2月2日頃からオランダの大規模な調査スキャンによりTCPパケットが増加した。また、3月から数回にわたってTCPのユニークホスト数のピークを観測している。これは日本を含む世界中から送信されるSYN-ACKパケットで、3月11日には1日でパケット数が約25億、ユニーク送信元IPアドレス数は7千万を超えた。3月14日には約26億パケットを観測、3月20日以降も小規模ながら数回観測されている。

この大規模SYN-ACKパケットを除けば、スキャン活動は微増傾向で推移した。MiraiをはじめとするIoT機器を攻撃対象とするマルウェアによるスキャン活動も多いが、Windows機器を狙ったスキャンもやや増加傾向にある。また、脆弱性が明らかになってから攻撃に利用されるまでの期間は、Xiongmai製ビデオレコーダでは約1週間、ZyXEL社製NAS製品では約2週間であった。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  2. IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

    IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

  3. 決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

    決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

  4. 11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

    11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

  5. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  6. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  7. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  8. 職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

    職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

  9. 「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

    「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

  10. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

ランキングをもっと見る