若年社会人の半数近くカードの暗証番号等のルール知らず(日本クレジット協会) | ScanNetSecurity
2020.08.12(水)

若年社会人の半数近くカードの暗証番号等のルール知らず(日本クレジット協会)

一般社団法人日本クレジット協会は7月27日、「令和2年度 若年層社会人に対するクレジットカードに関するアンケート調査」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
クレジットのルールについて、あなたが知っているものはどれですか。
クレジットのルールについて、あなたが知っているものはどれですか。 全 2 枚 拡大写真
一般社団法人日本クレジット協会は7月27日、「令和2年度 若年層社会人に対するクレジットカードに関するアンケート調査」を発表した。

同協会では、クレジットカードを持ち始める若年層の利用状況などの意識調査をマイナビ学生の窓口調べで行っており、5月11日から20日にかけて社会人1年目から5年目の男女303件のアンケート回答を「令和2年度 若年層社会人に対するクレジットカードに関するアンケート調査」としてまとめた。

同調査によると、若年層社会人でのクレジットカード所有率は90%を超え、複数枚所有しているユーザーも59.1%と半数を超えている。また、クレジットカードの利用場所としてはインターネット上での利用が75.6%を占めている。

クレジットカードのルールについての設問では、カード裏面にサインが無いと利用できないことの認知率は71.0%を超えたが、4桁の暗証番号を他人に教えてはいけないことの認知率は54.8%、4桁の認証番号はゾロ目など他人に分かりやすいものにしてはいけないことの認知率が52.5%と、暗証番号に対するルールについて半数近くが知っていないことが明らかになった。

また、クレジットカード業界で取り組んでいる安全・安心な取引のための取り組みについての設問では、ICチップ付きカードの普及が進められていることに関する認知率は61.7%であったが、ネットショッピング時に番号や有効期限に加え「追加情報」を求められるサイトの方が安全性が高いことに対する認知率が29.7%と低い結果となった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  2. IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

    IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

  3. 決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

    決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

  4. 11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

    11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

  5. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  6. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  7. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  8. 職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

    職員のアカウントを踏み台に1,733名に不審メール送信(LINK-J)

  9. 「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

    「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

  10. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

ランキングをもっと見る