OpenSSLにおける暗号通信を解読可能な脆弱性、アップグレードを推奨(JVN) | ScanNetSecurity
2020.09.19(土)

OpenSSLにおける暗号通信を解読可能な脆弱性、アップグレードを推奨(JVN)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月10日、OpenSSLにおける暗号通信を解読可能な脆弱性(Raccoon Attack)について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月10日、OpenSSLにおける暗号通信を解読可能な脆弱性(Raccoon Attack)について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。なお、開発者によるとOpenSSL 1.1.1は本脆弱性の影響を受けない。

OpenSSL 1.0.2w より前の OpenSSL 1.0.2 系のバージョン

想定される影響としては、中間者攻撃を行う第三者によって、暗号化された通信内容を解読される(Raccoon Attack)可能性がある。

JVNでは、OpenSSL 1.0.2はサポートが終了しているためOpenSSL 1.1.1へアップグレードすることを推奨している。また、開発者はOpenSSL 1.0.2のプレミアムサポートを契約したユーザに向けて本脆弱性を修正したOpenSSL 1.0.2wを提供している。あるいはランタイム設定で Diffie-Hellman 鍵交換を無効にするよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

    事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

  2. 社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

    社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

  3. TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN)

    TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN)

  4. 社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

    社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

  5. 社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

    社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

  6. 「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

    「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

  7. パスワードリスト型攻撃のフォレンジック調査で新たな不正ログイン判明(三越伊勢丹)

    パスワードリスト型攻撃のフォレンジック調査で新たな不正ログイン判明(三越伊勢丹)

  8. 開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

    開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

  9. LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

    LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

  10. PCI DSS v4.0 が 2021年公開、8 年ぶりのメジャーバージョンアップ ~ 改訂の 2 つの目的と移行スケジュール

    PCI DSS v4.0 が 2021年公開、8 年ぶりのメジャーバージョンアップ ~ 改訂の 2 つの目的と移行スケジュールPR

ランキングをもっと見る