メール訓練「MudFix」新バージョン、リンク先ドメイン選択機能追加 | ScanNetSecurity
2021.01.21(木)

メール訓練「MudFix」新バージョン、リンク先ドメイン選択機能追加

株式会社JSecurityは11月12日、標的型攻撃メール訓練サービス「MudFix」の新バージョンを同日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
訓練実施の全体状況を一目で確認できるダッシュボードを追加
訓練実施の全体状況を一目で確認できるダッシュボードを追加 全 1 枚 拡大写真
株式会社JSecurityは11月12日、標的型攻撃メール訓練サービス「MudFix」の新バージョンを同日から提供開始すると発表した。

年に数回程度の標的型攻撃メール訓練では、巧妙化しトレンドにあった内容の標的型攻撃メールを見極めるのが困難になる中、同社では標的型攻撃メール訓練は繰り返し実施することが効果的との考えで「MudFix」を提供。訓練テンプレートは柔軟にカスタマイズ可能だが、新バージョンでより巧妙な訓練メールが作成可能になり、セキュリティ意識の向上に役立つ効果的な訓練が可能となる。

「MudFix」新バージョンでは、訓練メール本文に埋め込むことができるリンク先ドメインが選択可能となり、訓練実施の全体状況を一目で確認できるダッシュボードを追加、その他、訓練メールのエンベロープfrom、ヘッダーfromが指定できるように等の訓練管理者の負荷軽減に役立つ機能を含め約30カ所の強化・改善を行っている。

「MudFix」は完全クラウドサービス型で提供され、年間契約の固定価格(オープン価格)で5ライセンス以下なら無償で無期限、機能制限なしで利用可能となっている。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  3. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  4. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  5. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  6. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

  7. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  8. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  9. Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

    Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

  10. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

ランキングをもっと見る