WordPress 用 FileManager を標的としたアクセス、10月13日から増加 | ScanNetSecurity
2021.01.17(日)

WordPress 用 FileManager を標的としたアクセス、10月13日から増加

警察庁は11月20日、WordPress用FileManagerを標的としたアクセスの観測等についてのレポートを発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
宛先ポート 80/TCP に対するWordPress用FileManagerに対するアクセス件数の推移
宛先ポート 80/TCP に対するWordPress用FileManagerに対するアクセス件数の推移 全 1 枚 拡大写真
警察庁は11月20日、WordPress用FileManagerを標的としたアクセスの観測等についてのレポートを発表した。

WordPressはプラグインによる機能追加が可能なCMSで、9月1日にWordPress用FileManagerプラグインが更新され、脆弱性が判明。JPCERT/CCからも日本語での情報が公開され、海外の共有Webサービスでも、当該脆弱性を対象としたPoCの公開を確認している。当該プラグインを悪用すると、第三者が任意のファイルをアップロードし、実行可能となり、Webサーバの改ざんやファイル設置、情報漏えいの原因となる。

警察庁のインターネット定点観測では、9月10日及び11日にFileManagerプラグインへのアクセスを観測し、10月13日から当該アクセスの増加を観測、同アクセスはFileManagerプラグインの説明書の取得を試みるものが殆どで、プラグインのバージョンを確認していると推測される。また少数だが、当該脆弱性を使用するアクセスも観測した。

警察庁では、WordPress用FileManagerの使用者に対し、バージョン6.9以降であることを確認し、脆弱性のあるバージョンを使用している場合は更新プログラムを適用しソフトウェアを最新の状態にするか、WordPressとプラグインを最新バージョンにアップデートの実施を推奨している。

また警察庁では、DockerAPIを標的とした探索行為・情報取得行為の増加についても同レポートで言及、インターネット定点観測では、2019年11月上旬からDockerAPIの探索行為の増加を観測し、12月25日に@policeにて注意喚起を行ったが、2020年9月以降、DockerAPIに対するアクセスの増加を観測している。2020年11月には、セキュリティベンダーから「露出したDockerサーバ」についての注意喚起が公表されている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. [更新] 福岡市職員が書類送検、ファイル共有ソフトで児童ポルノ動画拡散

    [更新] 福岡市職員が書類送検、ファイル共有ソフトで児童ポルノ動画拡散

  2. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  3. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  4. 保険代理店業務受託会社の顧客管理システムへ不正アクセス

    保険代理店業務受託会社の顧客管理システムへ不正アクセス

  5. 東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

    東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

  6. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  7. SPFにまだできること ~ オランダ徴税税関管理局が採用するフィッシングメール対策

    SPFにまだできること ~ オランダ徴税税関管理局が採用するフィッシングメール対策

  8. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  9. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  10. Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

    Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

ランキングをもっと見る