トレンドマイクロ InterScan Messaging Securityシリーズに複数の脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.01.21(木)

トレンドマイクロ InterScan Messaging Securityシリーズに複数の脆弱性

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月27日、トレンドマイクロ株式会社製InterScan Messaging Securityシリーズの複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月27日、トレンドマイクロ株式会社製InterScan Messaging Securityシリーズの複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

・CVE-2020-27016、CVE-2020-27017 および CVE-2020-27019
InterScan Messaging Security Virtual Appliance バージョン 9.1
InterScan Messaging Security Suite Linux 版 バージョン 9.1

・CVE-2020-27018
InterScan Messaging Security Virtual Appliance バージョン 9.1

・CVE-2020-27693 および CVE-2020-27694
InterScan Messaging Security Virtual Appliance バージョン 9.1
InterScan Messaging Security Suite Linux 版 バージョン 9.1
InterScan Messaging Security Suite Windows 版 バージョン 7.5

JVNによると、トレンドマイクロ株式会社が提供するInterScan Messaging Securityシリーズには以下の複数の脆弱性が存在する。

クロスサイトリクエストフォージェリ(CWE-352)(CVE-2020-27016)
XML 外部実体参照(XXE)の不適切な制限(CWE-611)(CVE-2020-27017)
サーバサイドリクエストフォージェリ(CWE-918)(CVE-2020-27018)
情報漏えい(CWE-200)(CVE-2020-27019)
強度が不十分なパスワードハッシュの使用(CWE-916)(CVE-2020-27693)
メンテナンスされていないサードパーティライブラリの使用(CWE-1104)(CVE-2020-27694)

想定される影響は各脆弱性により異なるが、遠隔の第三者によってマルウェアチェックやメールフィルタリングルールなどのポリシールールを不正に変更される(CVE-2020-27016)、管理者権限を取得した遠隔の第三者によって当該製品の任意のローカルファイルを読みとられる(CVE-2020-27017)、管理者権限を取得した第三者によって当該製品のWebサーバを経由して Webリソースや一部のローカルファイルにアクセスされる(CVE-2020-27018)、第三者によって当該製品のデータベース内の特定の情報や暗号鍵を詐取される(CVE-2020-27019)、弱いハッシュアルゴリズムを使用しているため第三者によってユーザのパスワードを解読される(CVE-2020-27693)、遠隔の第三者によって当該製品で使用している古いサードパーティライブラリの脆弱性を悪用される(CVE-2020-27694)等の可能性がある。

JVNでは開発者が提供する情報をもとにパッチを適用するか、本脆弱性の影響を軽減するために8445/TCPポート、8446/TCPポート、8447/TCPポートへの外部からのアクセスをブロックする回避策を実施するよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  3. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  4. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  5. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  6. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

  7. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  8. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  9. Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

    Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

  10. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

ランキングをもっと見る