BIND 9.xに実装上の不具合、namedに対する外部からの攻撃が可能となる脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.03.08(月)

BIND 9.xに実装上の不具合、namedに対する外部からの攻撃が可能となる脆弱性

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は2月18日、BIND 9.xの脆弱性について公開した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は2月18日、BIND 9.xの脆弱性について公開した。影響を受けるシステムは以下の通り。

BIND 9.5.0以降のすべてのバージョンのBIND 9が該当

JPRSによると、開発元のISCからBIND 9.xにおける実装上の不具合によりnamedに対する外部からの攻撃が可能となる脆弱性が発表されており、想定される影響としては、提供者が意図しないサービスの停止や、リモートコード実行の可能性があるとのこと。

本脆弱性はGSS-TSIG(RFC 3645で定義されるGSS-APIに基づいた認証の枠組みをTSIGに追加するための仕組み)の実装上の不具合に由来するもので、当該機能を使うオプションが設定されている場合のみ対象となり、デフォルト設定では対象外。 ISCでは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「高(High)」と評価している。

JPRSでは、本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.16.12/9.11.28)への更新、または、各ディストリビューションベンダーからリリースされる更新の適用を実施するか、一時的な回避策として他の認証方法に切り替え可能な場合はGSS-TSIGを使わないよう設定変更することを強く推奨している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

    公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

  2. 標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

    標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

  3. 日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

    日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

  4. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  5. 英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

    英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

  6. クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

    クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

  7. 日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

    日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

  8. メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

    メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

  9. ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法  ~  日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

    ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法 ~ 日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

  10. VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

    VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

ランキングをもっと見る