NICT「NIRVANA改」を機能強化しIPv6に対応、「Interop Tokyo 2021」で動態展示も | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

NICT「NIRVANA改」を機能強化しIPv6に対応、「Interop Tokyo 2021」で動態展示も

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)サイバーセキュリティ研究室は4月12日、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」を機能強化しIPv6への対応を完了したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)サイバーセキュリティ研究室は4月12日、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」を機能強化しIPv6への対応を完了したと発表した。

NICTが研究開発を進めてきたNIRVANA改は、組織内の各種セキュリティ機器が発報するアラートを集約・分類・相関分析することで、アラートのトリアージ(優先順位付け)や、異常な通信を遮断するアクチュエーション(自動対処)等を可能にするサイバー攻撃統合分析プラットフォーム。「NIRVANA改」は、これまでIPv4のみ対応で膨大なIPアドレスを有するIPv6への対応が課題となっていた。

NICTでは今回、NIRVANA改を機能強化し、通信観測部、アラート収集部、可視化部等のシステム各部がIPv6に対応、特に可視化部では、通信が観測されたアクティブなIPアドレスブロックを動的に逐次追加することで、膨大なIPv6のアドレス空間を効率的に可視化することに成功した。さらに、IPv6のアドレス空間の階層構造における現在位置の視認性を上げるため、インディケータを新たに実装した。また、セキュリティ機器から発報されたIPv6関連のアラート情報にも対応し、IPv6アドレスによるフィルタリング等も可能となった。

IPv6に対応したNIRVANA改は、4月14日から16日に幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2021」で動態展示を行う。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

    若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

  2. 「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

    「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

  3. 株式会社祭の業務委託メンバーが不正アクセス、会計情報を公開

    株式会社祭の業務委託メンバーが不正アクセス、会計情報を公開

  4. ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

    ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

  5. 東大管理のサーバに管理者権限で不正アクセス、IDと暗号化されたパスワード等流出の可能性

    東大管理のサーバに管理者権限で不正アクセス、IDと暗号化されたパスワード等流出の可能性

  6. 不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、現行システムでの廃止を決定

    不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、現行システムでの廃止を決定

  7. コックフーズへランサムウェア攻撃、業務データの多くが暗号化

    コックフーズへランサムウェア攻撃、業務データの多くが暗号化

  8. オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、データの外部送信の可能性は否定できず対象も不明

    オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、データの外部送信の可能性は否定できず対象も不明

  9. 発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

    発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

  10. オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

    オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

ランキングをもっと見る