監視司法主義? いつの間にか HDD にあった開いたことすらないファイルが証拠とされ逮捕 | ScanNetSecurity
2024.04.14(日)

監視司法主義? いつの間にか HDD にあった開いたことすらないファイルが証拠とされ逮捕

米国のデジタルフォレンジック調査会社、アーセナル・コンピューティング社によると、起訴の証拠となったデータは、彼のノートパソコンに仕込まれたものであるらしい。

国際 TheRegister
監視司法主義? いつの間にか HDD にあった開いたことすらないファイルが証拠とされ逮捕
監視司法主義? いつの間にか HDD にあった開いたことすらないファイルが証拠とされ逮捕 全 1 枚 拡大写真
 あるインド人男性が、インド首相の暗殺を企て、2018 年の暴力的抗議活動を扇動したとされる罪で起訴された。米国のデジタルフォレンジック調査会社、アーセナル・コンピューティング社によると、起訴の証拠となったデータは、彼のノートパソコンに仕込まれたものであるらしい。

 問題の男性、スレンドラ・ガドリング氏は、人権派弁護士で活動家であり、インド政府を頻繁に批判してきた。彼は 2018 年 6 月、「コレガオンの戦い」の記念行事の後に逮捕された。1818 年に行われたこの戦いでは、イギリス東インド会社の部隊が勝利を収め、イギリスのインド支配に大きく貢献した。この戦いには、様々な国、カースト、宗教の戦闘員が参加し、中にはイギリス軍と一緒に戦った者もいた。この戦いは現在でも論争の的となっており、イギリス軍と共に戦った者は裏切り者のようにみなされることもある。2018 年に行われた 200 周年記念イベントでは暴力事件が発生し、少なくとも 1 人が死亡している。

《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  2. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  3. お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

    お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

  4. 到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割

    到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割PR

  5. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

    住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

ランキングをもっと見る
PageTop