チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

 調査したところ、東京ガスライフバル湘南の営業担当者が、同社が保有する当該顧客のガス小売契約の情報(氏名、住所、電話番号、支払方法)を使用し、顧客の承諾を得ずに顧客情報サービスから電気使用量実績を取得したことが判明した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ(東京電力エナジーパートナー)
トップページ(東京電力エナジーパートナー) 全 8 枚 拡大写真
 東京電力エナジーパートナー株式会社は7月7日、同社の顧客情報を不正に入手した他社への電気契約の切り替えや勧誘が判明したと発表した。

 これは東京電力の顧客が契約情報や支払いに関する問い合わせ等に利用する同社Webサイトのチャットサポート等から、他の小売電気事業者が不正に顧客情報を入手し、同意なく他社へ電気契約を切り替える行為や、電気契約の切り替えを促す営業活動に使用する等の行為を確認したというもの。

 東京電力によると、日本瓦斯株式会社から同社の営業委託先が、東京電力と契約する16件の顧客に対し、保有するガス契約の顧客情報を元に、東京電力Webサイト上のチャットサポートから不正に入手した情報を使用し、顧客の同意なく同社への電気契約の切り替えを行っていたと報告があったという。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る