ドメインコントローラー到達後 グループポリシー作成し拡散自動化、ランサムウェア「LockBit 2.0」解説 | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

ドメインコントローラー到達後 グループポリシー作成し拡散自動化、ランサムウェア「LockBit 2.0」解説

株式会社Kaspersky Labs Japanは8月6日、暗号化型ランサムウェア「LockBit 2.0」について同社ブログ記事で解説をしている。

脆弱性と脅威 脅威動向
 株式会社Kaspersky Labs Japanは8月6日、暗号化型ランサムウェア「LockBit 2.0」について同社ブログ記事で解説をしている。

 同社によると、LockBitグループは顧客(実際の攻撃者)にインフラとマルウェアを提供し、支払われた身代金の一部を受け取る「Ransomware as a Service」(RaaS)モデルを採用、ドメインコントローラーを通じたローカルコンピューターへの感染を自動化したことを宣伝している。

 Bleeping Computerは、ランサムウェア「LockBit 2.0」を使用した攻撃について、攻撃者はネットワークへのアクセス権を入手しドメインコントローラーに到達した後、ネットワーク上でLockBit 2.0を実行、ユーザーのグループポリシーを新規作成してネットワーク上の各デバイスへ自動プッシュし、まずはOS内蔵のセキュリティメカニズムを無効化、続いて別のポリシーがランサムウェアの実行ファイルを起動するスケジュールされたタスクをWindowsコンピュータ上に作成すると解説している。

 Bleeping Computerにて引用されているリサーチャーのVitali Kremez氏によると、LockBit 2.0はWindowsのActive Directoryを使用してLightweight Directory Access Protocol(LDAP)クエリを実行しコンピュータのリストを入手し、続いて暗号化されるコンピュータ上で警告が発動しないようユーザーアカウント制御(UAC)を回避してサイレントに実行するという。

 ブログ記事ではLockBit 2.0について、グループポリシー経由の拡散を自動化した史上初のランサムウェアであるとし、またネットワークに接続する全プリンターから身代金要求メッセージを印刷するという特徴を示しているとのこと。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  3. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

    迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  5. クラウドへ攻撃受け苦節11年、CrowdStrikeがクラウドのセキュリティセミナー開催

    クラウドへ攻撃受け苦節11年、CrowdStrikeがクラウドのセキュリティセミナー開催PR

ランキングをもっと見る
PageTop