東京2020で約4.5億回のセキュリティイベントに対処した“NTTの貢献” | ScanNetSecurity
2021.11.28(日)

東京2020で約4.5億回のセキュリティイベントに対処した“NTTの貢献”

NTTは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)でのゴールドパートナーとして実施した対応について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
NTTが公開した資料
NTTが公開した資料 全 2 枚 拡大写真
 NTTが10月21日、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)でのゴールドパートナーとして実施した対応の詳細について発表した。

 オリンピックやパラリンピックの大会運営・競技運営に影響を与えるようなインシデントは発生せず、NTTとして大会の安定運営に貢献したとしている。

 同社が東京2020大会に提供した通信サービスは次の通り。

・包装用ネットワーク:光ケーブル1,900km、専用線10,000km
・大会用データネットワーク(会場LAN):光ケーブル1,200km、メタルケーブル3,900km
・CATVセットトップボックス:6,800台
・Wi-Fi:11,000アクセスポイント
・携帯電話:19,600台、固定電話:2,800台

 対応に携わったNTT関係者は、協力会社を含み次の通り。

・大会期間中、会場で従事したNTT社員:約650人
・テクノロジーオペレーションセンタで従事したNTT社員:約350人
・セキュリティーオペレーションセンタで従事したNTT社員:約90人

 なお、大会に向けて100名以上がSOCオペレータ研修プログラムを受講したほか、レッドチーム(疑似攻撃による脆弱性発見チーム)が、ICTサービス事業者、他の重要インフラストラクチャ関係者、そして公的機関等と関係を持ちながら「攻めのセキュリティ」を実現した。

 同社はまた、通信サービスにおけるネットワークセキュリティや、さまざまなサイバーセキュリティ対応を実施した。これにより、大会期間中に約4.5億回におよぶセキュリティイベントを観測したが、そのすべてに適切な対処・ブロックを行い、大会運営・競技運営に影響のあるセキュリティインシデントを発生させなかった。

 成功の秘訣として、同社では下記の「4つのT」にあるとしている。

・T1:Threat Intelligence & Monitoring(脅威情報とモニタリング)
・T2:Total Security Solutions (総合的セキュリティソリューション)
・T3:Talent, Mind & Formation(人材、心持、フォーメーション)
・T4:Team 2020 複雑なステークホルダマネジメント

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. Apache HTTP Server における URI の検証不備によるディレクトリトラバーサルの脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache HTTP Server における URI の検証不備によるディレクトリトラバーサルの脆弱性(Scan Tech Report)

  2. 「Emotet」テイクダウンから復活 ~ トレンドマイクロが動向やテイクダウン前との違いを解説

    「Emotet」テイクダウンから復活 ~ トレンドマイクロが動向やテイクダウン前との違いを解説

  3. サイバー攻撃者とハンティングチーム 365日間の「対話」~ CrowdStrike  2021年度 脅威ハンティングレポート公開

    サイバー攻撃者とハンティングチーム 365日間の「対話」~ CrowdStrike 2021年度 脅威ハンティングレポート公開PR

  4. 日本薬学会Webサイトへ不正アクセス、緊急メンテナンスを実施し復旧

    日本薬学会Webサイトへ不正アクセス、緊急メンテナンスを実施し復旧

  5. Googleフォームの誤設定事案、コロナ感染防止策用の健康調査リストが閲覧可能に

    Googleフォームの誤設定事案、コロナ感染防止策用の健康調査リストが閲覧可能に

  6. C&Cサーバ検知と通信の秘密、総務省「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処 第四次とりまとめ」公表

    C&Cサーバ検知と通信の秘密、総務省「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処 第四次とりまとめ」公表

  7. proofpoint、日本で新しい情報保護及びクラウドセキュリティプラットフォームを販売開始

    proofpoint、日本で新しい情報保護及びクラウドセキュリティプラットフォームを販売開始

  8. 平成18年のサイバー犯罪の検挙件数や特徴などを発表(警察庁)

    平成18年のサイバー犯罪の検挙件数や特徴などを発表(警察庁)

  9. 「持続不可能」な日本の DX ~ 中国よりもサステナビリティ経営の意識低く、調査対象中堂々最下位

    「持続不可能」な日本の DX ~ 中国よりもサステナビリティ経営の意識低く、調査対象中堂々最下位

  10. トレンドマイクロ、BEC攻撃者が悪用する5つの主要なメールチャネルについて解説

    トレンドマイクロ、BEC攻撃者が悪用する5つの主要なメールチャネルについて解説

ランキングをもっと見る