企業への初期侵入方法、最多は総当たり攻撃 ~ カスペルスキー分析 | ScanNetSecurity
2022.01.29(土)

企業への初期侵入方法、最多は総当たり攻撃 ~ カスペルスキー分析

株式会社カスペルスキーは11月11日、「Incident Response Analyst Report」日本語版を公開した。同レポートでは同社のグローバル緊急対応チーム(GERT)が、2020年にインシデントレスポンスを実施したサイバー攻撃を分析している。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
サイバー攻撃の初期の侵入経路とその割合
サイバー攻撃の初期の侵入経路とその割合 全 1 枚 拡大写真
 株式会社カスペルスキーは11月11日、「Incident Response Analyst Report」日本語版を公開した。同レポートでは同社のグローバル緊急対応チーム(GERT)が、2020年にインシデントレスポンスを実施したサイバー攻撃を分析している。

 GERTが2020年にインシデントレスポンスを実施した際の匿名化されたデータを分析したところ、企業ネットワークへの初期侵入方法として最多は総当たり攻撃で、2019年の13.3%から31.6%に急増、続いて外部公開されたアプリケーションの脆弱性の悪用が31.5%を占めた。2020年以降に見つかった脆弱性が悪用されたインシデントはごく僅かで、大半のケースで比較的古い脆弱性へのパッチ未適用の状態が悪用されている。

 初期の侵入から攻撃発見までの期間はそれぞれ、総当たり攻撃は数時間後が18%で数日後が55%に、外部公開アプリケーションの脆弱性の悪用は数時間後が33%で数日後が22%に、悪意のあるメールは数時間後が43%で数日後は29%となり、ほぼ半数以上が数日以内に検知されている。しかし一部の攻撃は数か月以上継続することがあり、その平均攻撃期間は90.4日間となった。

 同社では企業のインフラストラクチャへの侵害に遭うリスクを最小限に抑えるために、下記の対策を推奨している。

・多要素認証(MFA)やID/アクセス管理ツールを含む強固なパスワードポリシーの導入

・ソフトウェアベンダーからの最新の脆弱性情報の定期的な入手、ネットワークの脆弱性スキャン、及びパッチの適用

・従業員のセキュリティ意識を高いレベルで維持

・攻撃を迅速に検知し対応するためにEndpoint Detection and Response(EDR)ソリューションとMDRサービスの導入

《高橋 潤哉》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 衣料品取り扱い「MONCLER」にサイバー攻撃、個人情報が流出した可能性

    衣料品取り扱い「MONCLER」にサイバー攻撃、個人情報が流出した可能性

  2. ここが変だよ日本のセキュリティ 第 46 回 「ざんねんなセキュリティ事典」(前編)

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第 46 回 「ざんねんなセキュリティ事典」(前編)

  3. スキンケア製品取り扱い「ビーグレンHP」に不正アクセス、46,702名分のカード情報流出

    スキンケア製品取り扱い「ビーグレンHP」に不正アクセス、46,702名分のカード情報流出

  4. メタップスペイメントの「トークン方式」データベースに不正アクセス、「イベントペイ」「会費ペイ」サービス停止

    メタップスペイメントの「トークン方式」データベースに不正アクセス、「イベントペイ」「会費ペイ」サービス停止

  5. サーバへ不正アクセス「ほくせんカード」「ローンカードOUEN」新規申込停止

    サーバへ不正アクセス「ほくせんカード」「ローンカードOUEN」新規申込停止

  6. メタップスペイメント「会費ペイ」で不正アクセス発生、サービス利用団体で決済を停止

    メタップスペイメント「会費ペイ」で不正アクセス発生、サービス利用団体で決済を停止

  7. 2021年に最も読まれたセキュリティ事件・事故・情報漏えい・不正アクセス記事 ベスト10

    2021年に最も読まれたセキュリティ事件・事故・情報漏えい・不正アクセス記事 ベスト10

  8. 新潟県土木防災情報システムのメールサーバに不正アクセス、不正メール送信の踏み台に

    新潟県土木防災情報システムのメールサーバに不正アクセス、不正メール送信の踏み台に

  9. Microsoft Windows において Encrypting File System での検証不備により任意のファイルのアップロードや操作が可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows において Encrypting File System での検証不備により任意のファイルのアップロードや操作が可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  10. イエラエセキュリティ CSIRT支援室 第17回「イエラエセキュリティ漫画コラム『とっても大事な保全の巻』」

    イエラエセキュリティ CSIRT支援室 第17回「イエラエセキュリティ漫画コラム『とっても大事な保全の巻』」

ランキングをもっと見る