Palo Alto Networks社PAN-OSに脆弱性、日本国内で422台の稼働を確認 | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

Palo Alto Networks社PAN-OSに脆弱性、日本国内で422台の稼働を確認

株式会社マクニカのセキュリティ研究センターは11月12日、Palo Alto Networks社PAN-OSの脆弱性 CVE-2021-3064について発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
 株式会社マクニカのセキュリティ研究センターは11月12日、Palo Alto Networks社PAN-OSの脆弱性 CVE-2021-3064について発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

PAN-OSの8.1系(8.1.16以下)

 Palo Alto Networks社製のネットワークアプライアンスで利用可能なVPN/リモートアクセス機能であるGlobalProtectの脆弱性で、悪用された場合はroot権限での任意のコードが実行可能となり、攻撃者にアプライアンスの設定値情報やログイン用の資格情報の窃取、アプライアンス設定の変更などが行われる可能性がある。

 同センターでは、インターネットで公開されているサーバ台数をShodanのデータを利用して集計したところ、脆弱性に該当するバージョンPAN-OS 8.1~8.1.16の台数としてグローバルで6,811台、日本国内で422台を確認している。

 同センターでは、2021年12月10日には本脆弱性を発見したセキュリティベンダから詳細情報が公開予定で、その前後で実際の攻撃が始まる恐れがあり、早めの対策を強く推奨している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 衣料品取り扱い「MONCLER」にサイバー攻撃、個人情報が流出した可能性

    衣料品取り扱い「MONCLER」にサイバー攻撃、個人情報が流出した可能性

  2. ここが変だよ日本のセキュリティ 第 46 回 「ざんねんなセキュリティ事典」(前編)

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第 46 回 「ざんねんなセキュリティ事典」(前編)

  3. メタップスペイメントの「トークン方式」データベースに不正アクセス、「イベントペイ」「会費ペイ」サービス停止

    メタップスペイメントの「トークン方式」データベースに不正アクセス、「イベントペイ」「会費ペイ」サービス停止

  4. PC版「ダークソウル」シリーズのサーバを一時停止、攻撃者が任意のコードを実行できる脆弱性

    PC版「ダークソウル」シリーズのサーバを一時停止、攻撃者が任意のコードを実行できる脆弱性

  5. メタップスペイメント「会費ペイ」で不正アクセス発生、サービス利用団体で決済を停止

    メタップスペイメント「会費ペイ」で不正アクセス発生、サービス利用団体で決済を停止

  6. メタップスペイメント「会費ペイ」「イベントペイ」への不正アクセス、不正利用が疑われるケースが複数発生

    メタップスペイメント「会費ペイ」「イベントペイ」への不正アクセス、不正利用が疑われるケースが複数発生

  7. 編集長対談:世界で最も安全なバグバウンティ、クラウドソーシングでサイバー攻撃に競争原理を ~ Synack 三好 一久

    編集長対談:世界で最も安全なバグバウンティ、クラウドソーシングでサイバー攻撃に競争原理を ~ Synack 三好 一久PR

  8. サーバへ不正アクセス「ほくせんカード」「ローンカードOUEN」新規申込停止

    サーバへ不正アクセス「ほくせんカード」「ローンカードOUEN」新規申込停止

  9. スキンケア製品取り扱い「ビーグレンHP」に不正アクセス、46,702名分のカード情報流出

    スキンケア製品取り扱い「ビーグレンHP」に不正アクセス、46,702名分のカード情報流出

  10. OneDrive、マルウェア配付に悪用された2大サービスのひとつに

    OneDrive、マルウェア配付に悪用された2大サービスのひとつに

ランキングをもっと見る