モバイルキャリアを騙りフィッシングサイトへ誘導する SMS、11月から3倍増 | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

モバイルキャリアを騙りフィッシングサイトへ誘導する SMS、11月から3倍増

フィッシング対策協議会は1月6日、2021年12月の「フィッシング報告状況」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 フィッシング対策協議会は1月6日、2021年12月の「フィッシング報告状況」を発表した。これによると、12月に同協議会へ寄せられたフィッシング報告件数(海外含む)は63,159件で、前月の48,461件から14,698件の増加となった。同月のフィッシングサイトのURL件数(重複無し)は、前月より104件減少し7,471件となっている。

 フィッシングに悪用されたブランド件数(海外含む)は、前月より5件減少しし77件。Amazon、メルカリ、三井住友カード、ETC 利用照会サービス、JCBの上位の5ブランドだけで報告数全体の約 74.0%を占め、また1,000 件以上の大量の報告を受領したブランドは12ブランドで、全体の約88.4% を占めた。

 モバイルキャリアを騙りフィッシングサイトへ誘導する SMS(スミッシング)の報告が、11月と比較すると約3倍に増加している。

 ショートメッセージ(SMS)から誘導されるフィッシングについては、Amazon、au、ドコモを騙る文面のものが多く報告され、au、ドコモ、日本郵便(宅配便の不在通知)を装う SMS は不正なアプリ(マルウェア等)のインストールへ誘導されるケースが確認されており、同協議会ではAndroid スマートフォンを利用している場合は、Google Play プロテクトや正規のウイルス対策アプリ等で不正なアプリ(マルウェア等)をインストールしていないか確認を呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  2. TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

    TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

  3. 患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

    患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

  4. Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

    Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

  5. ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

    ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

  6. 世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

    世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

  7. OpenSSLに複数の脆弱性

    OpenSSLに複数の脆弱性

  8. 警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

    警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

  9. さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

    さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

  10. トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

    トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

ランキングをもっと見る