PCI DSSの「セカンドオピニオン」、準拠済企業を再評価 | ScanNetSecurity
2024.02.21(水)

PCI DSSの「セカンドオピニオン」、準拠済企業を再評価

 株式会社ブロードバンドセキュリティ(BBSec)は3月22日、 PCI DSS準拠済み企業向けセキュリティ再評価サービス「PCI DSSセキュリティセカンドオピニオン」の提供開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ブロードバンドセキュリティ(BBSec)は3月22日、 PCI DSS準拠済み企業向けセキュリティ再評価サービス「PCI DSSセキュリティセカンドオピニオン」の提供開始を発表した。

 日本企業で初めてPCI SSCの「2020-2022 Global Executive Assessor Roundtable(GEAR)」に選出されたBBSecは、PCI SSCの戦略的パートナーとして、技術的な見識の提供と業界全体の底上げ支援のために、「PCI DSSセキュリティセカンドオピニオン」を提供する。

 同サービスでは、PCI DSS準拠済み企業に向け「セカンドオピニオン」としての確認結果を取り纏めたレポートを提供、ネットワーク運用にて評価範囲(スコープ)が適正に設定されているか、接続すべきでない接続先とのインターフェースが存在しないかを第三者目線で再確認するとともに、資格を持った評価人が改めてセキュリティにおける「セカンドオピニオン」として設定を再確認する。

 「PCI DSSセキュリティセカンドオピニオン」の提供価格は1,200,000円から。

《高橋 潤哉》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  2. スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

    スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

  3. 勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

    勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

  4. セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

    セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

  5. 中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

    中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

  6. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

    住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

  7. 求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

    求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

  8. ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

    ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

  9. 臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

    臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

  10. ほくやく・竹山ホールディングスにランサムウェア攻撃、コールセンターとメールシステムは制限付きで稼働

    ほくやく・竹山ホールディングスにランサムウェア攻撃、コールセンターとメールシステムは制限付きで稼働

ランキングをもっと見る