日立ソリューションズ・クリエイト「漏えい情報調査サービス」提供、漏えいの有無と内容把握 | ScanNetSecurity
2023.02.07(火)

日立ソリューションズ・クリエイト「漏えい情報調査サービス」提供、漏えいの有無と内容把握

 株式会社日立ソリューションズ・クリエイトは1月19日、「サイバーセキュリティコンサルティング」を商品化し、サービスラインアップの第1弾として「漏えい情報調査サービス」を同日から販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
「サイバーセキュリティコンサルティング」サービス内容
「サイバーセキュリティコンサルティング」サービス内容 全 1 枚 拡大写真

 株式会社日立ソリューションズ・クリエイトは1月19日、「サイバーセキュリティコンサルティング」を商品化し、サービスラインアップの第1弾として「漏えい情報調査サービス」を同日から販売開始すると発表した。

 同社が提供する「サイバーセキュリティコンサルティング」では、情報セキュリティの課題を抱える組織に対しコンサルティングからソリューション導入、維持活動までを含めたトータルのセキュリティ対策を提案。平時対応(防御)の「サイバーアセスメント」、有事対応の「サイバーエマージェンシー」、サプライチェーンやグループ会社などのステークホルダーの対応を行う「サプライチェーンアセスメント」の3つのカテゴリーで、サイバー・レジリエンスの強化を支援する。

 サイバーエマージェンシー対応の第1弾として提供される「漏えい情報調査サービス」では、有事発生時に組織からダークウェブ、ディープウェブへ漏えいした情報の有無とその内容が把握でき、漏えいした情報から対策案、システム改善案を提案することで、次なる攻撃への予防を促す。

 漏えい情報調査サービスは、調査開始後に組織の漏えい情報を発見した際に内容を速報する、攻撃者の視点での調査、同社のホワイトハットハッカーの知見を生かした報告書や改善提案書を提示するといった特徴がある。

 漏えい情報調査サービスは、ドメイン単位で1回2,500,000円から、平時における状況の調査が可能な「年間調査ライセンス」も用意している。

《高橋 潤哉》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. ファイル誤添付メール送信で戒告の懲戒処分

    ファイル誤添付メール送信で戒告の懲戒処分

  2. 教員MLのつもりが学生MLへ、就職支援に係るメールを誤送信

    教員MLのつもりが学生MLへ、就職支援に係るメールを誤送信

  3. 不正アクセスで決済サービス停止中のメタップスペイメント、1月31日より順次再開

    不正アクセスで決済サービス停止中のメタップスペイメント、1月31日より順次再開

  4. 三春情報センターがEmotet感染、300件程度のアドレス帳データが流出した可能性

    三春情報センターがEmotet感染、300件程度のアドレス帳データが流出した可能性

  5. 尼崎市職員の公用スマホ紛失、虚偽報告が判明し懲戒処分に

    尼崎市職員の公用スマホ紛失、虚偽報告が判明し懲戒処分に

  6. 給油所でシステム障害発生 8時間給油停止に

    給油所でシステム障害発生 8時間給油停止に

  7. チューリッヒ「スーパー自動車保険」加入者の情報が漏えい、外部委託業者が不正アクセス被害

    チューリッヒ「スーパー自動車保険」加入者の情報が漏えい、外部委託業者が不正アクセス被害

  8. 東京機械製作所の連結子会社にランサムウェア攻撃、「LOCKBIT2.0」の表示

    東京機械製作所の連結子会社にランサムウェア攻撃、「LOCKBIT2.0」の表示

  9. WordPress 6.0.3 以前のバージョンにXSSほかの脆弱性

    WordPress 6.0.3 以前のバージョンにXSSほかの脆弱性

  10. 「Apex Legends」高ランク帯のマッチ向けにDDoS攻撃からの保護機能を実装

    「Apex Legends」高ランク帯のマッチ向けにDDoS攻撃からの保護機能を実装

ランキングをもっと見る