脆弱性診断自動化ツール「AeyeScan」アップデート、自動巡回設定を変更できるオプションを追加 | ScanNetSecurity
2024.04.12(金)

脆弱性診断自動化ツール「AeyeScan」アップデート、自動巡回設定を変更できるオプションを追加

 株式会社エーアイセキュリティラボは2月10日、脆弱性診断の自動化ツール「AeyeScan」のアップデートについて発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社エーアイセキュリティラボは2月10日、脆弱性診断の自動化ツール「AeyeScan」のアップデートについて発表した。

 「AeyeScan」は、AIとRPA(Robotic Process Automation)を活用したSaaS型Webアプリケーション脆弱性診断ツールで、診断結果は画面キャプチャ付きの画面遷移図で可視化するだけでなく、日本語レポートで提供される。

 今回のアップデートでは、下記の機能追加・変更と修正・改善を行っている。

■機能追加・変更
・「スキャン機能」の自動巡回設定を変更できるオプションを追加
(対象システムの挙動や実装によって自動で巡回できないケースのうち、問い合わせ頻度の高い4パターンについて、顧客自身で設定内容を変更可能に)

■その他修正・改善
・画面遷移図上でページタイトルの文字が重ならないように修正
・巡回結果が静的ファイル(index.html、file.txtなど)のみの場合、簡易ネットワークスキャンが実行されない問題を修正
・リモートブラウザによる手動巡回でログインを行う際、「変更してこの画面から自動巡回」かつ「2重ログイン禁止対応」を選択している場合に、スキャン時に2重ログインが発生する問題を修正
・リモートブラウザによる手動巡回でクリック操作が記録されない場合がある事象を修正 ・巡回精度の向上

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  2. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  3. レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

    レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

  4. 日本のセキュリティ人材の 74 %、2023年に昇給なし

    日本のセキュリティ人材の 74 %、2023年に昇給なし

  5. お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

    お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

  6. 県職員懲戒免職 ~ 不正アクセス・データ複製 ・物品窃取

    県職員懲戒免職 ~ 不正アクセス・データ複製 ・物品窃取

  7. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  8. Apache HTTP Server 2.4 に複数の脆弱性

    Apache HTTP Server 2.4 に複数の脆弱性

  9. クラウド労務管理「WelcomeHR」の個人データが閲覧可能な状態に、154,650 人分のダウンロード確認

    クラウド労務管理「WelcomeHR」の個人データが閲覧可能な状態に、154,650 人分のダウンロード確認

  10. デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

    デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

ランキングをもっと見る