ドコモが BIMI に対応、DMARC によるなりすまし警告機能も実装 | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

ドコモが BIMI に対応、DMARC によるなりすまし警告機能も実装

 株式会社NTTドコモは5月22日、ドコモメールにおける「なりすましメールの警告表示機能」の導入を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
警告画面イメージ
警告画面イメージ 全 1 枚 拡大写真

 株式会社NTTドコモは5月22日、ドコモメールにおける「なりすましメールの警告表示機能」の導入を発表した。

 同機能では、ドコモメールにおけるフィッシング詐欺の可能性がある不審なメールに対し、なりすましメールの危険性があることをメール本文表示の際や、本文中の URL 等から Web ページに遷移する際に警告を表示することで、顧客が事前にフィッシング詐欺に気づく仕組みを設け、詐欺被害の発生を未然に防止する。

 同機能では、送信されたメールの発信元が正しい送信者であるかの確認を「DMARC」で実施し、「DMARC」の認証に失敗する、または送信元が「DMARC」未導入のメールを開封時に、なりすましメールの危険性があることの警告表示を行う。また、同機能の提供に際し「BIMI(Brand Indicators for Message Identification)」を導入し、メール送信元の正当性を目視確認できる手段を拡張する。

 同機能は2024年10月以降に提供開始予定で、利用料金は無料。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  4. マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

    マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

  5. 開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

    開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

ランキングをもっと見る
PageTop