GMOイエラエのドローン向け脆弱性診断が「Japan Drone & AAM Awards 2024」受賞 | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

GMOイエラエのドローン向け脆弱性診断が「Japan Drone & AAM Awards 2024」受賞

 GMOインターネットグループは6月12日、「Japan Drone/次世代エアモビリティEXPO 2024」に、トップスポンサーである「Platinum Sponsor」として出展したと発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
GMOインターネットグループのブース
GMOインターネットグループのブース 全 1 枚 拡大写真

 GMOインターネットグループは6月12日、「Japan Drone/次世代エアモビリティEXPO 2024」に出展し、「Japan Drone & AAM Awards 2024」の二部門で受賞したと発表した。

 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が主催する「Japan Drone/次世代エアモビリティ EXPO 2024」は、6月5日から7日までの3日間、幕張メッセで開催された国内最大級のドローン・eVTOLの国際展示会。

 GMOインターネットグループでは、GMOグローバルサインによる「暗号セキュリティ」と、GMOサイバーセキュリティ byイエラエが提供する「サイバーセキュリティ」が、安心・安全な空の移動に必須であることを来場者に伝え、ドローンや空飛ぶクルマの普及を支援するために、2022年より3年連続で「Japan Drone/次世代エアモビリティEXPO 2024」に出展している。

 GMOインターネットグループのブースでは、「すべての空にセキュリティを」をテーマにVRを使った空飛ぶクルマの飛行体験を提供、参加者は飛行中にセキュリティリスクに直面するが、GMOインターネットグループのセキュリティ技術で機体が守られていることを実感でき、3日間で約4,000人の顧客がブースに来場し、約1,000人がVRを体験したという。

 「Japan Drone & AAM Awards 2024」では、GMOサイバーセキュリティ byイエラエが「Advanced Air Mobility部門」で、GMOグローバルサイン・ホールディングスが「ソフトウェア・アプリケーション部門」で受賞している。

 GMOインターネットグループは今後も、様々な取り組みを通じて安心・安全な「空の移動革命」を実現するために、さらなるセキュリティ対策技術の開発に取り組む。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  4. 東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

    東京海上日動火災保険 提携先の税理士法人にランサムウェア攻撃

  5. マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

    マイクロソフト、CrowdStrikeに起因する障害への支援について発表

ランキングをもっと見る
PageTop