ログ解析専用アプライアンス「LogStare Enterprise」を販売開始(テリロジー) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

ログ解析専用アプライアンス「LogStare Enterprise」を販売開始(テリロジー)

株式会社テリロジーは7月13日、セキュアヴェイルが提供する、複数のサーバのログを保存・分析が可能なアプライアンス製品「LogStare Enterprise」3モデルの販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社テリロジーは7月13日、セキュアヴェイルが提供する、複数のサーバのログを保存・分析が可能なアプライアンス製品「LogStare Enterprise」3モデルの販売を開始すると発表した。

同製品は、ファイアーウォールやメール、Proxyなど多種類のインターネット系サーバのログをデータベース化し、時間、送信元、送信先、状態等のさまざまな観点から分析を可能とするログ解析専用アプライアンス。本製品を、同社が取り扱っている米Infoblox社製のネットワークID管理アプライアンスサーバ「Infoblox DNSone」のDHCP機能と連携させることで、DHCP環境下におけるファイアーウォールやProxy等のログから、問題あるクライアントPCのホスト名を特定することが可能となり、不正アクセス調査などを容易する「アクセスログ分析ソリューション」を実現可能。

価格(税別)は、LS400(ログDB容量40GB)が2,800,000円、LS900(同90GB)が3,500,000円、LS2000(同200GB)が4,300,000円。

http://www.terilogy.com/press/20060713-ls.html

《ScanNetSecurity》

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

    P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

  2. 警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

    警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

  3. 我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイド

    我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイドPR

  4. メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

    メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

  5. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

  6. 児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

    児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

  7. ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

    ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

  8. オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

    オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

  9. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

  10. ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

    ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

ランキングをもっと見る