【Interop 2013】サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」を開発、セキュリティ分析機能を追加(NICT) | ScanNetSecurity
2021.09.19(日)

【Interop 2013】サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」を開発、セキュリティ分析機能を追加(NICT)

 情報通信研究機構(NICT)は10日、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」(ニルヴァーナ・カイ)を開発したことを発表した。「Interop Tokyo 2013」では、ShowNetに導入され、リアルタイムデモを行う。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NIRVANA改の可視化画面(拡大図)。各種セキュリティ検知・防御システムからのアラートを統合表示
NIRVANA改の可視化画面(拡大図)。各種セキュリティ検知・防御システムからのアラートを統合表示 全 2 枚 拡大写真
 情報通信研究機構(NICT)は10日、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」(ニルヴァーナ・カイ)を開発したことを発表した。「Interop Tokyo 2013」では、ShowNetに導入され、リアルタイムデモを行う。

 NICTはこれまで、大規模ネットワークの管理を支援するネットワークリアルタイム可視化システム「NIRVANA」を開発してきた。NIRVANAは、ネットワーク境界の内側を流れる通信をリアルタイムに観測できるが、セキュリティ分析機能は有していなかった。

 「NIRVANA改」は、NIRVANAに新たなセキュリティ分析機能を追加するとともに、ファイアウォールや侵入検知システムなどの各種セキュリティ検知・防御システムからの警告を、統合的に統合的かつ視覚的に分析可能な、対サイバー攻撃用プラットフォームとなっている。

 「NIRVANA改」では、リアルタイムに可視化された組織内ネットワークの中から、サイバー攻撃に関連した異常な通信を検知し、その通信の送信元の直上にアラートを表示する。組織内ネットワークは、アドレスブロック単位からIPアドレス単位の表示まで柔軟に変更可能。

【Interop 2013 Vol.30】NICT、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」を展示

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

    P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

  2. 苗字でメール送信 社内システムで見た下の名前で誤送信気づく、1時間以内に対応完了

    苗字でメール送信 社内システムで見た下の名前で誤送信気づく、1時間以内に対応完了

  3. 「ここだけは絶対に守る そんな領域を作ろう」セキュリティベンダとしての日本HPの提案

    「ここだけは絶対に守る そんな領域を作ろう」セキュリティベンダとしての日本HPの提案PR

  4. LINEセキュリティチーム vs フィッシング詐欺、ゼロからの戦い

    LINEセキュリティチーム vs フィッシング詐欺、ゼロからの戦い

  5. ドメイン名ハイジャック対応、日本企業のベストプラクティス事例

    ドメイン名ハイジャック対応、日本企業のベストプラクティス事例

  6. JNSA 資料公開~「身代金支払」「インテリジェンスは合法か」セキュリティの法的議論 国際動向

    JNSA 資料公開~「身代金支払」「インテリジェンスは合法か」セキュリティの法的議論 国際動向

  7. オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、新たに東京都の委託業務の被害も発覚

    オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、新たに東京都の委託業務の被害も発覚

  8. 大手キャリアが「SOC1 Type1報告書」「SOC2 Type1報告書」同時取得

    大手キャリアが「SOC1 Type1報告書」「SOC2 Type1報告書」同時取得

  9. 海産珍味取扱い「伊勢せきやオンラインショップ」に不正アクセス、カード情報が流出

    海産珍味取扱い「伊勢せきやオンラインショップ」に不正アクセス、カード情報が流出

  10. Adobe Acrobat および Readerに過去に攻撃リスクが高いとされた脆弱性

    Adobe Acrobat および Readerに過去に攻撃リスクが高いとされた脆弱性

ランキングをもっと見る