4 年で 6,000 億円、ビジネスメール詐欺被害額 FBI 推定 ~ その行き先と最新手口(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.21(水)

4 年で 6,000 億円、ビジネスメール詐欺被害額 FBI 推定 ~ その行き先と最新手口(The Register)

最近の攻撃の多くは、まずマルウェア(一般的にはランサムウェア)の侵入から始まる。それは、悪意のある犯罪者がコードを使用して会社とその会社の支払能力に関する調査を実施していることを示唆している。

国際 TheRegister
連邦捜査局(FBI)は、詐欺師たちが偽の請求書や同様の不正請求を経理担当者にメールで送信し、会社の金をだましとることで、4年間で50億ドル以上の利益をあげたと考えている。

《The Register》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

  2. 3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

    3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

  3. Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

    Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

  4. シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

    シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

  5. 近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

    近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

  6. メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

    メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

  7. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  8. 不正アクセスでカード情報流出、安全のためサービス再開を断念(HARIO)

    不正アクセスでカード情報流出、安全のためサービス再開を断念(HARIO)

  9. 顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

    顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

  10. サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

    サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

ランキングをもっと見る