SSL証明書を入れない3大理由「費用高い」「メリットわからない」「必要なサイトでない」(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

SSL証明書を入れない3大理由「費用高い」「メリットわからない」「必要なサイトでない」(フィッシング対策協議会)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

事業者向け:SSLサーバ証明書の認知に関する質問
事業者向け:SSLサーバ証明書の認知に関する質問 全 4 枚 拡大写真
フィッシング対策協議会は9月12日、SSLサーバ証明書に関する事業者ならびに利用者向けアンケートの調査結果について発表した。同調査は本年2月、ECサイト、ネットバンキング等のWebサイト(システム)の管理、運用者と、ECサイト、ネットバンキング等のWebサイト利用者を対象に、外部調査システムのWebアンケートにより実施したもの。

事業者向けの調査結果では、SSLサーバ証明書の認証レベル(DV、OV、EVの3種類)と、どのような認証を行っているか理解しているという回答が56.5%と高い割合を占めたものの、「EVではブラウザのアドレスバーが『緑色』に変わる」という理解は33.9%と低い結果となった。また、SSLサーバ証明書未導入の理由には、「導入メリット・効果や費用がわからない」(43.8%)が挙げられた。

利用者向けの調査結果では、SSLサーバ証明書の認知度について、「聞いたことはあるがどのようなものかは知らない」が53.2%ともっとも多く、SSLサーバ証明書が導入されているサイトで生じる効果については、「通信が暗号化される」(68.0%)、「https:// からはじまる」(48.6%)が高く、「OV / EVが実在性を証明することができる」、「EVではブラウザのアドレスバーが『緑色』に変わる」については低い結果となっている。

《吉澤 亨史》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

  2. アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

    アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

  3. BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

    BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

  4. 海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

    海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

  5. いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

    いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

  6. アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

    アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

  7. 3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

    3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

  8. 法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

    法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

  9. 超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

    超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

  10. 患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

    患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

ランキングをもっと見る