[配信予告] 情報漏えい事故後の謝罪記者会見ワークショップを取材しました | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

[配信予告] 情報漏えい事故後の謝罪記者会見ワークショップを取材しました

おしらせ 編集部からのおしらせ

[模擬謝罪会見] 謝罪会見冒頭で、深々と頭を下げる社長役とCFO役の参加者
[模擬謝罪会見] 謝罪会見冒頭で、深々と頭を下げる社長役とCFO役の参加者 全 2 枚 拡大写真
7月下旬に一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会の主催で行われた「情報漏洩による危機管理対応セミナー」の詳細レポート記事を Scan PREMIUM 会員向けに近日配信予定です。本誌ベテランライター吉澤亨史が密着取材しました。

同セミナーは、情報漏えいなどのセキュリティ事故発生後の広報対応のノウハウや考え方について、デロイト トーマツ リスクサービス株式会社の丸山満彦氏、株式会社井之上パブリックリレーションズの鈴木孝徳氏という2名の巨頭専門家による講演と、参加者がそれぞれ事故を起こした企業の社長や財務担当者、取材に訪れた新聞記者などに扮して、模擬記者会見を行うワークショップの二部構成で行われました。

ワークショップでは記者役の参加者が鋭い質問を投げかけるシーンもありました。

インシデントレスポンスにおいて広報活動が非常に大きい影響を及ぼすことを実感できたセミナーでした。

企業の広報担当者の方や、経営企画、リスクマネジメントなどに携わる方だけでなく、情報システム部門の方、フォレンジックなどを行う技術者の方にもご参考いただけると思います。

どうぞご期待下さい。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

  2. アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

    アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

  3. BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

    BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

  4. 海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

    海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

  5. いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

    いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

  6. アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

    アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

  7. 3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

    3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

  8. 法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

    法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

  9. 超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

    超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

  10. 患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

    患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

ランキングをもっと見る