月例セキュリティ情報公開、すでに悪用確認し早急な適用呼びかけ(IPA、JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.16(火)

月例セキュリティ情報公開、すでに悪用確認し早急な適用呼びかけ(IPA、JPCERT/CC)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は1月10日、「Microsoft 製品の脆弱性対策について(2018年1月)」を発表した。一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)も「2018年 1月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起」を発表している。これは、マイクロソフトが2018年1月度のセキュリティ更新プログラムを公開したことを受けたもの。対象となるソフトウェアは次の通り。

Internet Explorer
Microsoft Edge
Microsoft Windows
Microsoft Office と Microsoft Office Service、Web Apps
Microsoft Exchange Server
Chakra Core
.NET Framework
.NET Core
ASP.NET Core
Adobe Flash Player

これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってPCを制御されたりするなど、さまざまな被害が発生する可能性がある。また、このうち「CVE-2018-0802」の脆弱性について、Microsoft社は「悪用の事実を確認済み」と公表しており、今後被害が拡大する可能性がある。このためIPAでは、早急に修正プログラムを適用するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  2. メルトダウンの修正到来するもスペクターには今後数年間悩まされる(The Register)

    メルトダウンの修正到来するもスペクターには今後数年間悩まされる(The Register)

  3. Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register)

    Intel CPU の欠陥によるカーネルメモリの脆弱性(The Register)

  4. Oracle Weblogic Server の wls-wsat コンポーネントにおけるデシリアライゼーションの不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    Oracle Weblogic Server の wls-wsat コンポーネントにおけるデシリアライゼーションの不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. 「Lhaplus」v 1.73及びそれ以前に意図しないファイルが生成される脆弱性、最新版へ更新を(JVN)

    「Lhaplus」v 1.73及びそれ以前に意図しないファイルが生成される脆弱性、最新版へ更新を(JVN)

  6. 不正侵入は2割増加、DoS攻撃は2.5倍以上の増加--12月のアクセス観測状況(警察庁)

    不正侵入は2割増加、DoS攻撃は2.5倍以上の増加--12月のアクセス観測状況(警察庁)

  7. 第三者による不正アクセスで最大93,014名の会員情報が流出の可能性(幻冬舎)

    第三者による不正アクセスで最大93,014名の会員情報が流出の可能性(幻冬舎)

  8. Oracle WebLogic Serverにコインマイナーを仕込まれる報告、パッチ適用を(IPA)

    Oracle WebLogic Serverにコインマイナーを仕込まれる報告、パッチ適用を(IPA)

  9. 海外拠点のヒアリングと診断、他社比較サービス(NRIセキュア)

    海外拠点のヒアリングと診断、他社比較サービス(NRIセキュア)

  10. Intel、AMD、ARMなどのCPUに、カーネルメモリの情報を取得される脆弱性(JVN)

    Intel、AMD、ARMなどのCPUに、カーネルメモリの情報を取得される脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る