フィットネスアプリによる軍事関連情報漏えい事案(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.18(水)

フィットネスアプリによる軍事関連情報漏えい事案(The Register)

以来、Stravaを使って軍の施設を探し出すことがSNS上で流行るようになった。

国際 TheRegister
11月、エクササイズで移動した経路を追跡表示するアプリStravaが、ユーザーアクティビティの「ヒートマップ(色分け地図)」を公開した。そこには、10億件のアクティビティ、3兆件の緯度と経度の座標データ、13兆枚のラスター画像、10TBの入力データが楽しげかつ誇らしげに表示されていた

それからしばらく時間が経ったが、先週の後半になり、ある人が次のような疑問を持った。

「Stravaのユーザーの中で軍や国の安全保障関係に従事しており、その活動状況がアップロードされてしまった人はどれぐらいいるのだろう」

答えは「たくさん」だった。

「勤務場所、住居、いつ新たな基地に転勤を命じられたか、不意打ちを食らわすならどこが最適か ~そうしたことが全て露わになってしまったのです」Nathan Ruser氏はオーストラリア国立大学で国際セキュリティを専攻する学生だ。Ruser氏がStravaのデータには軍や国家安全保障関係者のエクササイズ経路が含まれていると明らかにして以来、Stravaを使って軍の施設を探し出すことがSNS上で流行るようになった。

《The Register》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. リコー製プリンタや複合機に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

    リコー製プリンタや複合機に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

  2. 「OpenSSL」アップデート、情報漏えいなどの脆弱性に対応(JVN)

    「OpenSSL」アップデート、情報漏えいなどの脆弱性に対応(JVN)

  3. 架空請求の封筒の実物写真のマスキング処理が不適切、特定のソフトで容易に外せる状態に(神奈川県)

    架空請求の封筒の実物写真のマスキング処理が不適切、特定のソフトで容易に外せる状態に(神奈川県)

  4. 高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

    高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

  5. 個人情報記載書類を委託事業者が紛失、今後は書類ではなく暗号化したデータでの報告に切り替え(大阪市)

    個人情報記載書類を委託事業者が紛失、今後は書類ではなく暗号化したデータでの報告に切り替え(大阪市)

  6. 「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

    「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

  7. 「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

    「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

  8. 「CODE BLUE」全25セッションの講演者が決定(CODE BLUE実行委員会)

    「CODE BLUE」全25セッションの講演者が決定(CODE BLUE実行委員会)

  9. OTネットワークを可視化しセキュリティリスクを監視(NRIセキュア)

    OTネットワークを可視化しセキュリティリスクを監視(NRIセキュア)

  10. LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

    LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る