仮想通貨採掘ソフト「Claymore」およびIoT機器を狙うアクセスの増加を確認(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

仮想通貨採掘ソフト「Claymore」およびIoT機器を狙うアクセスの増加を確認(警察庁)

脆弱性と脅威 脅威動向

宛先ポート3333/TCP に対するアカウントリストを調査するアクセス件数の発信元国・地域別推移
宛先ポート3333/TCP に対するアカウントリストを調査するアクセス件数の発信元国・地域別推移 全 4 枚 拡大写真
警察庁は3月12日、「仮想通貨採掘ソフトウェア『Claymore(クレイモア)』を標的としたアクセスの増加等について」を「@police」において公開した。同庁のインターネット定点観測システムにおいて、「仮想通貨採掘ソフトウェア『Claymore』を標的としたアクセスの増加」および「Android Debug Bridge で使用される5555/TCP ポートに対するアクセスの観測」を確認しているという。

同庁では1月8日以降、仮想通貨「Ethereum(イーサリアム)」を採掘するために使用されるソフトウェア「Claymore」で管理用ポートとして使用される宛先ポート3333/TCPに対して、JSON形式のリクエストによりJSON-RPC経由で「Ethereum」のアカウントリストを調査するアクセスの増加を観測している。

この発信元からの他のアクセスを調査した結果、52869/TCPに対するアクセスにおいて、外部のWebサーバから「okiru」や「satori」など呼ばれるMiraiボット亜種をダウンロードし、実行を試行するパケットを確認した。また、37215/TCP に対するアクセスでも同様のパケットを確認している。これらのアクセスの増加は、3333/TCPに対するアクセスと同時期になっていた。同庁では、「Claymore」のJSON-RPCのAPI利用者、およびIoT機器の利用者に対して具体的な対策方法を挙げ、実施を推奨している。

《吉澤 亨史》

この記事の写真

/

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. サイバーインテリジェンス入門~マキナレコード軍司氏講演

    サイバーインテリジェンス入門~マキナレコード軍司氏講演

  2. メールアカウントを不正メール送信に利用された件で、再発防止策を発表(GSX)

    メールアカウントを不正メール送信に利用された件で、再発防止策を発表(GSX)

  3. ロシアにて大規模なIPブロッキング、SteamやTwitterなどにも大きな影響

    ロシアにて大規模なIPブロッキング、SteamやTwitterなどにも大きな影響

  4. 「はるか夢の址」アップロード者3名を逮捕、昨年逮捕された9名と共謀(ACCS)

    「はるか夢の址」アップロード者3名を逮捕、昨年逮捕された9名と共謀(ACCS)

  5. 不正アクセスにより健診すずめ通信の会員情報が14,542件が流出(尼崎市)

    不正アクセスにより健診すずめ通信の会員情報が14,542件が流出(尼崎市)

  6. 長期休暇における対策を紹介、偽セキュリティソフトなどの相談事例も(IPA)

    長期休暇における対策を紹介、偽セキュリティソフトなどの相談事例も(IPA)

  7. マインクラフトユーザーを狙ったマルウェア問題への対策を実施(Mojang)

    マインクラフトユーザーを狙ったマルウェア問題への対策を実施(Mojang)

  8. 「Drupal」の脆弱性を狙うアクセスの増加を確認(警察庁)

    「Drupal」の脆弱性を狙うアクセスの増加を確認(警察庁)

  9. Oracleが複数製品のクリティカルパッチアップデートを公開(JPCERT/CC、IPA)

    Oracleが複数製品のクリティカルパッチアップデートを公開(JPCERT/CC、IPA)

  10. 内視鏡手術画像データ他126名の個人情報含む外付HD紛失(相模野病院)

    内視鏡手術画像データ他126名の個人情報含む外付HD紛失(相模野病院)

ランキングをもっと見る