Adobe Flash Player の Primetime SDK における Use-After-Free の脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.23(月)

Adobe Flash Player の Primetime SDK における Use-After-Free の脆弱性(Scan Tech Report)

Adobe Flash Player に含まれている SDK に、ポインタ制御の不備が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
◆概要

Adobe Flash Player に含まれている SDK に、ポインタ制御の不備が報告されています。攻撃者が作成した悪意のある SWF ファイルに、脆弱性が存在する Adobe Flash Player が有効化された Web ブラウザでアクセスした場合に、悪意のあるコードが実行されてしまい、端末の制御を奪われてしまう可能性があります。脆弱性が修正されたバージョンが公開されているため、アップデートを適用して脆弱性に対応してください。

◆分析者コメント

クライアントサイドの脆弱性では、ここ数ヶ月にエクスプロイトコードが公開された数式エディタの脆弱性 (CVE-2018-0802、CVE-2017-11882) などが公開されています。当該脆弱性は Adobe Flash Player が有効化されているブラウザに対して幅広く悪用可能な脆弱性であるため、攻撃者による標的型攻撃キャンペーン活動に積極的に悪用する可能性が高い脆弱性です。脆弱性が修正された Adobe Flash Player にアップデートすることにより早急に対策してください。

◆深刻度(CVSS)

[CVSS v2]
7.5
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v2-calculator?name=CVE-2018-4878&vector=(AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P)

[CVSS v3]
9.8
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v3-calculator?name=CVE-2018-4878&vector=AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

◆影響を受けるソフトウェア

Adobe Flash Player のバージョン 28.0.0.137 以下が当該脆弱性の影響を受けます。

◆解説

Adobe Flash Player に、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が公開されています。

《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

    メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

  2. Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  3. 日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  4. 受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

    受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

  5. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  6. 個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

    個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

  7. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  8. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

    WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

ランキングをもっと見る