WEB予約サービスへの不正アクセスについて最終報告を公表(九州商船) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

WEB予約サービスへの不正アクセスについて最終報告を公表(九州商船)

九州商船株式会社は3月30日、同社WEB予約サービスへの不正アクセスについての最終報告を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 9 枚 拡大写真
九州商船株式会社は3月30日、同社WEB予約サービスへの不正アクセスについての最終報告を発表した。

これは2018年1月5日に同社のWEB予約サービスに接続しにくいという事象があり、不正アクセスによって不正に設置されたプログラムが実行されていたことが判明、社外の専門家により構成される調査委員会を設置し、不正アクセスの事実関係の調査、原因究明等を調査した最終的な報告書を公開したもの。

同報告書によると、同社が不正アクセスを受けたのはWEB予約サービスを提供しているサーバーで、本システムでは顧客情報はネットワークで接続されたデーター保管用サーバーに保存しており、それぞれのサーバーのアクセス履歴を解析した結果、WEBサーバーに対する不正アクセスは確認されたが、データー保管用サーバーから顧客情報が持ち出された形跡は確認されなかったとのこと。同社を特定して不正アクセスが行われたものではなく、もっぱら機械的な探索と暗号通貨の発掘を目的としたものであり、情報漏えいの可能性は極めて低いとのこと。

またメンテナンス用FTPアカウントがブルートフォース攻撃によって侵入を受けたのが直接的な不正アクセスの原因であるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 朝日新聞のサイバー事件報道姿勢 - 記者が語る「伊勢志摩サミット」「ポケドラ」「SkySEA Client View」

    朝日新聞のサイバー事件報道姿勢 - 記者が語る「伊勢志摩サミット」「ポケドラ」「SkySEA Client View」

  2. 根拠なき安心へ突きつける不吉な答え - 書評「原発サイバートラップ」

    根拠なき安心へ突きつける不吉な答え - 書評「原発サイバートラップ」

  3. 件名と本文に本当のパスワードを記載、仮想通貨を要求するメール確認(JPCERT/CC)

    件名と本文に本当のパスワードを記載、仮想通貨を要求するメール確認(JPCERT/CC)

  4. 「FileZen」にリモートからOSコマンドを実行される脆弱性(JVN)

    「FileZen」にリモートからOSコマンドを実行される脆弱性(JVN)

  5. 「Chrome 70」警告対象証明書、9割対応済み(デジサート・ジャパン)

    「Chrome 70」警告対象証明書、9割対応済み(デジサート・ジャパン)

  6. 特定のメッセージでPS4が動作不能に陥るグリッチを確認

    特定のメッセージでPS4が動作不能に陥るグリッチを確認

  7. 走る SOC「IBM X-Force C-TOC 」公開、インシデント対応能力強化(IBM)

    走る SOC「IBM X-Force C-TOC 」公開、インシデント対応能力強化(IBM)

  8. インシデント報告件数、「フィッシングサイト」が「スキャン」を上回る(JPCERT/CC)

    インシデント報告件数、「フィッシングサイト」が「スキャン」を上回る(JPCERT/CC)

  9. Mirai ボットマスターが禁固刑免れる、FBI 大絶賛の「社会奉仕」活動(The Register)

    Mirai ボットマスターが禁固刑免れる、FBI 大絶賛の「社会奉仕」活動(The Register)

  10. Proxyログ分析パッケージ提供開始(マクニカネットワークス)

    Proxyログ分析パッケージ提供開始(マクニカネットワークス)

ランキングをもっと見る