情報セキュリティ市場、初の1兆円超え見込(JNSA) | ScanNetSecurity
2020.02.22(土)

情報セキュリティ市場、初の1兆円超え見込(JNSA)

JNSAは、セキュリティ市場調査ワーキンググループによる「2017年度 国内情報セキュリティ市場調査」(速報値)を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
情報セキュリティ市場規模の推移
情報セキュリティ市場規模の推移 全 4 枚 拡大写真
NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は5月10日、セキュリティ市場調査ワーキンググループによる「2017年度 国内情報セキュリティ市場調査」(速報値)を発表した。

これによると2016年度の情報セキュリティ市場は、ツール市場が4,959億円、サービス市場が4,523億円で、合計9,482億円となった。2017年度の見込推定値は、ツール市場が5,306億円、サービス市場が4,659億円で、合計9,965億円とみている。さらに2018年度の予測値は、ツール市場が5,563億円、サービス市場が4,892億円で、合計1兆455億円になると予測している。

情報セキュリティツール市場では、コンテンツセキュリティ対策製品が1,892億円で38.2%を占め、アイデンティティ・アクセス管理製品が922億円で18.6%、システムセキュリティ管理製品が787億円で15.9%、ネットワーク脅威対策製品が766億円で15.5%と続いた。もっとも伸び率が高かったのはネットワーク脅威対策製品で18.9%。2017年度の予測値では、コンテンツセキュリティ対策製品が12.3%でもっとも伸びるとしている。

情報セキュリティサービス市場では、セキュリティ運用・管理サービスが1,970億円で44%を占め、セキュアシステム構築サービスが1,273億円で28%、情報セキュリティコンサルテーションが787億円で17%と続いた。もっとも伸び率が高かったのは情報セキュリティ保険で54.7%。2017年度の予測値では、セキュリティ運用・管理サービスが43.6%でもっとも伸びるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

    NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

  2. 複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

    複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

  3. 職業技術専門校メール誤送信、謝罪メールは一斉送信システムで送る(大阪府)

    職業技術専門校メール誤送信、謝罪メールは一斉送信システムで送る(大阪府)

  4. SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

    SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

  5. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  6. 保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

    保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

  7. ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

    ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

  8. 6割が過去に入手した認証情報で侵入、OTへの攻撃は前年の20倍に(日本IBM)

    6割が過去に入手した認証情報で侵入、OTへの攻撃は前年の20倍に(日本IBM)

  9. 国際的に広がるデータ保護規制が生むビジネス上のリスク対応支援(パロアルトネットワークス、TMI P&S)

    国際的に広がるデータ保護規制が生むビジネス上のリスク対応支援(パロアルトネットワークス、TMI P&S)

  10. JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

    JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

ランキングをもっと見る