OSやCPUを使用せず、一方通行の通信で制御システムを保護(富士通アドバンストエンジニアリング) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.22(月)

OSやCPUを使用せず、一方通行の通信で制御システムを保護(富士通アドバンストエンジニアリング)

富士通アドバンストエンジニアリングは、外部ネットワークから侵入不可能なデータダイオードをOSレスで実現する通信制御モジュールを開発したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
制御システムセキュリティ 導入のイメージ
制御システムセキュリティ 導入のイメージ 全 1 枚 拡大写真
株式会社富士通アドバンストエンジニアリングは9月26日、外部ネットワークから侵入不可能なデータダイオードをOSレスで実現する通信制御モジュールを開発したと発表した。これはIoTの進展にともない、これまでクローズド環境にあった制御システムが、汎用OSや標準プロトコルの採用による外部ネットワークとの接続が主流となり、サイバー攻撃を受ける危険性が高まっていることを受けたもの。

同モジュールは、OSやCPUを使用しないことが特徴。これにより、ソフトウェアによる脆弱性リスクを排除する。また、信号線を物理的に切り離し、FPGAにより片方向通信に制限することで、通信の堅牢性を高めている。国内でも規制化が進んでいる制御システムセキュリティ規制の要求事項にも準拠した。同社では、同モジュールを制御システムセキュリティ装置に組み込み、実用化に向けた取り組みを進めていくとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 経営トップダウンで先手を打つ海外、事故が起こってから後手後手の日本:企業セキュリティ実態調査(NRIセキュア)

    経営トップダウンで先手を打つ海外、事故が起こってから後手後手の日本:企業セキュリティ実態調査(NRIセキュア)

  2. 大学教員が前職都立高校在籍時に作成したMLへメール送信(明海大学)

    大学教員が前職都立高校在籍時に作成したMLへメール送信(明海大学)

  3. BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

    BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

  4. EDRの運用サービスに「Trend Micro Apex One」を追加(SBT、トレンドマイクロ)

    EDRの運用サービスに「Trend Micro Apex One」を追加(SBT、トレンドマイクロ)

  5. 圧着不十分で「口座振替のお知らせ」ハガキ内容漏えいの可能性(オガワエコノス)

    圧着不十分で「口座振替のお知らせ」ハガキ内容漏えいの可能性(オガワエコノス)

  6. 「やさしいドアWEBサイト」へ不正アクセス、サイトの一部が改ざん(コマニー)

    「やさしいドアWEBサイト」へ不正アクセス、サイトの一部が改ざん(コマニー)

  7. 市立図書館システム構築時のテスト用メールアカウントに不正アクセス(小松島市)

    市立図書館システム構築時のテスト用メールアカウントに不正アクセス(小松島市)

  8. WordPress用「Category Specific RSS feed Subscription」に脆弱性(JVN)

    WordPress用「Category Specific RSS feed Subscription」に脆弱性(JVN)

  9. 仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

    仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

  10. 「Oracle Solaris」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Oracle Solaris」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る